ピン ドライバー g410 プラス。 ピン G410 PLUS(プラス)/SFT ドライバーの試打&評価│楽しい GOLF LIFE

PING(ピン)G410ドライバーの口コミ評価・試打レビュー

8 〃 〃 〃 〃 〃 Diamana RF60 SR 63 3. 6、中調子のシャフト刺してこれで試打してくれと言ってきました。 I 60 TR 61 3. ご注文後、多少のお時間がかかることを、予めご了承ください。 直進性が高いので、安心して振れるから一発の飛距離も出る感じのドライバー このウエイトですが、移動します。 SFTは、ボールが捕まるのですがヘッドがメッチャでかく感じました フェアウェイウッドにはLSTというのがあります。 5 3. 5g、トルク4. アマチュアゴルファーのみならず、プロにも人気のピンのG400シリーズは、ヘッドに重量感があってオートマチックなクラブというイメージです。

Next

ピン(PING) G410 SFTドライバー

4 〃 〃 〃 〃 〃 MagicalATTAS - 34 7. 設定次第でつ抜群 さてさて、先ほどロフト9度を選べと書きましたが… ロフト9度なんて選んだら球があがんないんじゃないの?と思われるかもしれません。 今から1~2年経っても、現行のLSTが非常に優れていると確信できるはずだ。 私の持ち球はドローですが、若干弾道は低いかな? 飛距離は235ヤード。 4 〃 〃 〃 中 〃 S 64 3. ピンゴルフジャパン株式会社は、当キャンペーンにより応募者に生じたすべての損害ならびにトラブル等について、如何なる責任も負いません。 メチャクチャ飛んで優しくていいドライバーだけどデザインが好きになれない。

Next

ピンG410プラスドライバーの試打評価|PINGの2019年新製品

3 〃 〃 〃 〃 〃 X 70. 8段階のポジションが用意されています。 7 4. ピン PING G410プラスドライバーが有名になった理由は? これは、一気に有名になったドライバーです。 やはり直進性は高いですね! 自分のイメージだともう少し右に流れていくかなと思いましたが、飛び出した方向にほぼ真っすぐ飛んでいきました。 その際にはご案内をさせて頂きますので予めご了承願います。 いずれもしっかりしたシャフトなので、G410プラスドライバーと組み合わせれば上級者も満足できるスペックになります! ピンG410PLUSドライバーの試打レポ・口コミ・感想 G410プラスドライバーの口コミ、感想を紹介します。 これは 2019年の100切り最強ドライバーかもしれませんね。

Next

ピンG410シリーズをコースで試打してきました

新しいシャフト いくつかのシャフトメーカーは自社製品の詳細を明らかにしていないが、ピンは自社製造のシャフトに自信を持っているという。 今回の G410は、G400MAXよりひと回りヘッドが小さい455ccで、G400の振りやすさとG400MAXのミスに対する強さを両立したドライバーと言えるでしょう。 カッコよければ。 1 〃 〃 〃 中 〃 S 66 3. まだまだ骨盤の開きが不足していることがわかりました。 難しい印象を持つことはなく、平均して安定したボールを打っていけるようなドライバーだと私は感じました。 5 Speeder661 SR 64 3. チーピン癖があるので、ウエイトをヒール側へ....。 4 〃 〃 〃 中元 〃 X 66 3. そのため、ピンは多くの優れた性能を提供しているにもかかわらず、オプション機能で遅れをとっていると思われている。

Next

振れば振るほど強弾道! 「G410 LST ドライバー」試打

それでも十分大きい部類には入るので、難しそうな印象は皆無です 縦に広いディープフェース。 PINGの公式サイトからG410ドライバーの概要を調べました。 そういう意味では、2019年のG410 PLUSドライバーは競合モデルに影響を及ぼすほどの勢いはないが、感覚的にはG400のパフォーマンスを超え、ピンのレベルを引き上げるモデルになる予感がする。 デザインが好み、もしくは拘らなければ間違いなく候補に上がる1本ですね。 打ちたくないミスのほうに合わせてウェート位置を調整するのもありですし、自分の持ち球に合わせて調整するのもありですね。 LSTの文字と、ほかのモデルでは赤のグラデーションになっている部分がグレーになっているのが見分けるポイントです ヘッドサイズは450ccとほかの2モデルと比べて5ccだけ小さいですが、構えてみると丸みが減り、投影面積がやや小さくなった印象を受けました。 つまり競合他社のように、調整機能を一度に採用したわけではない。

Next

ゴルフパートナーYahoo!店

つかまりも抑えてあり、どちらかと言えばインパクトで強く叩くゴルファーに向いています。 それが、G410プラスを「多くのゴルファーにオススメできる」といった根拠です。 また、カスタムシャフトでも重量が選べるようになったのもポイントです。 スライサーには最適な設定です。 グリーンを狙うなら高さの出しやすい5番ウッドからのほうがよさそう。

Next