高瀬 運送。 香川県の運送会社・瀬戸運輸

事業内容|高瀬運送

社宅有、車通勤可• ひとつの車両で、複数の発荷主のところを回って製品を集荷してくる方式です。 貨物利用運送事業 自社で車両を持たなくても、他社の実運業者(緑ナンバー業者など)に下請け(庸車)で運送させるが、料金を荷主さんから受け取るような事業のことをいいます。 自社にて管理されたトラックと倉庫を保有しておりますので幅広い品目に対応した総合物流サービスを提供させて頂きます。 弊社の求車求荷システムとは、高瀬運送グループのネットワーク力を駆使し「荷物」と「車両」をマッチングさせることで、輸送コストの削減や急な発注の緊急対応への支援を行うシステムです。 退職金(確定拠出年金、中退共退職金、自社規定退職金)• デジタルタコグラフ活用による、運行効率やマナー向上への意識高揚• 厚生労働省が定めるトラック運転者の労働時間等の改善基準に基 づき、運行管理をしております。 有給休暇• 代表挨拶 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 自社内にお風呂を備えていますので、社員の方は24時間利用可能• 私たち高瀬ロジスティクスは、2019年5月に高瀬ホールディングスの持ち株会社体制に移行しトータル・ロジスティクス・プロバイダー「高瀬ロジスティクス株式会社」として新たにスタート致しました。

>

江東運送株式会社|ビューテック株式会社

軽バン1輌• 軽トラ1輌• 輸送業の使命ともいえる 確実・安全、そしてジャスト・イン・タイム……。 また、物流費が1車単位から1個単位になり物量と流通費が比例関係になり、少量多品種の商品を在庫なく納期に合わせて生産、納品できます。 貸倉庫サービス 高瀬運送の保有する西条市内の4棟、総面積1,000坪にわたる敷地での入出庫、検品、棚入れ、倉庫管理、ピッキング、流通加工、仕分け、梱包、運営業務など構内作業の一連の工程業務を一括して受託いたします。 、 物流業者に業務を委託するのとは違い、3PLは「荷主の物流部門」として振舞うため、複数の物流業者から最も荷主の利益にかなう業者を選択したり、荷主側の要望を物流業者と交渉したりといったことが可能となります。 自社内にお風呂を備えていますので、社員の方は24時間利用可能• 自社業務にて発生する環境負荷の軽減 オフィスなどの電気消費抑制やペーパーレス化の推進• MESSAGE メッセージ 平素は格別のご高配賜り厚くご御礼申し上げます。 当社は長年蓄積された物流業務受託と物流人材派遣のノウハウをベースとして、荷主企業様の抱えるさまざまな物流に関する課題を解決するべく、今後も果敢に取り組んでまいります。

>

タカセ物流株式会社|ホーム

なお、当社でお預かりする個人情報は、採用選考日程のご連絡や資料の発送など採用活動にのみ利用いたします。 荷主でもない、単なる運送事業者でもない、第三者として企業の流通機能全般を一括して請け負うアウトソーシングサービスです。 ミルクラン ミルクランとは日本語で巡回集荷と訳される物流方式です。 求車求荷システム 物流において、実車率の向上、積載率の向上、実働率の向上を高めることは、流通の効率化や環境問題への配慮から大きな課題となっています。 現在自社で行われている輸送業務をアウトソーシングすることにより、車両維持費・燃料費・ 人件費等の削減が可能です。 。

>

株式会社サヌキエクスプレス

入社お祝い金制度、社員紹介報奨金制度• (株)高瀬運送の会社情報 会社名. 株式会社高瀬運送は、愛媛県を拠点に早50年、輸送・保管・流通加工を通じて顧客との信頼を築きあげてまいりました。 お客様の個人情報の漏洩を防ぐため、このページの情報は暗号化され、SSLモードで送信されます。 変形労働時間制 変形労働時間制の単位 1ヶ月単位 就業時間 8時30分〜17時00分 時間外労働時間 あり 月平均時間外労働時間 10時間 36協定における特別条項 あり 特別な事情・期間等 業務量により、年6回を限度としてひと月147時間まで、年間1 530時間まで延長することができる 月平均労働日数 20. スポット便 「急遽今から荷物を発送したい」、「明日は予定よりも物量が多そうだ」という不確定な輸送業務、不定期、不定量など臨時で荷物を運ぶ必要性が出てきた際にスポット的にご要望の荷物を輸送するサービスです。 ルート配送 弊社のドライバーが一日複数箇所の集配業務、定期的に決まった時間や決まった場所など一定量輸送がある場合にお客様に代わり毎日のルート配送を行う専属便です。 愛媛県西条市ひうち3-20 仕事内容 営業推進部に属し、担当者のもと庶務業務の仕事から始めて頂きます。

>

事業内容|高瀬運送

退職金(確定拠出年金、中退共退職金、自社規定退職金)• 私たちサヌキエクスプレスは2018年4月に持ち株会社体制 高瀬ホールディングス に移行し、トータル・ロジスティクス・プロバイダー「株式会社サヌキエクスプレス」として新たにスタート致しました。 あらかじめ決められたスケジュールはスポット便と違い運賃も固定化されますので、効率よくコストダウンを実現できます。 新生瀬戸倉庫は、お客さまとともに日々発展・躍進すべく豊かなそして確かな未来に向かって、翼をたえまなく、一生懸命にはばたき続けていきます。 物流業務をアウトソーシングすることで、人件費や設備投資費を削減できるばかりでなく、コアビジネスへの資本を集中することで大幅な業務改善へとつながります。 自社敷地内に給油所を備えていますので、社員割引にて格安で燃料を購入可能 応募方法 よりエントリーしてください。 3PL 3PL(third party logistics)とは荷主企業に代わって、最も効率的な物流戦略の企画立案や物流システムの構築の提案を行い、かつ、それを包括的に受託し、実行することをいいます。

>

輸送・保管・流通加工の事なら愛媛県の高瀬運送へ。

将来的には管理職候補を目指して頑張って頂きたく考えておりますので、「やる気」と「本気」の成果に応えます。 主な業務は、運行管理、安全管理、車両管理、在庫管理などで、一から弊社の運送業務を学んでください。 運送業務総務職 求人番号:0002 就業場所 1. 自社敷地内に給油所を備えていますので、社員割引にて格安で燃料を購入可能 応募方法 よりエントリーしてください。 1872年(明治 5) 鉄道開通・松下回漕店が三井荷物方鉄道貨物一手取扱を開始これをもって当社の事業の起源とする 1879年(明治12) 創業者高瀬理三郎が朝松組運送店を横浜に設立し、三井荷物方の事業を継承 1898年(明治31) 東京新橋の現本社地を本拠とし、高瀬組を称す 1920年(大正 9) 海陸運送業の発展で、合資会社に改組 1922年(大正11) 資本金25万円の株式会社に改組 1928年(昭和 3) 第2代代表取締役に高瀬秀四郎が就任 1947年(昭和22) 貿易再開 鉱工品貿易公団の指定店となり、港湾運送事業を再開 1956年(昭和31) 東京税関より免許取得し、通関業開始 1963年(昭和38) 高瀬運輸株式会社に社名変更 1965年(昭和40) 一般港湾運送事業免許(京浜港 限定一種)取得 1968年(昭和43) 株式会社タカセディストリビューションシステム設立 第3代代表取締役社長に高瀬秀太郎が就任 1970年(昭和45) タカセコンテナフレートステーション(現、大井営業所)完成 1971年(昭和46) タカセ陸送株式会社設立(現、株式会社タカセ運輸集配 システム)海貨無限定免許取得 タカセPDセンター1号倉庫(東京営業所)完成 1976年(昭和51) タカセPDセンター2号倉庫完成 1981年(昭和56) 株式会社タカセディストリビューションシステムを合併 タカセ株式会社に社名変更 1984年(昭和59) 新本社ビル完成 1985年(昭和60) タカセ物流生産センター「まごころ」(川崎営業所・現タカセPIセンター)完成 1989年(平成 元) 株式店頭公開 第4代代表取締役社長に熊野陽介が就任 1990年(平成 2) 東京港営業所(タカセATセンター)完成 1992年(平成 4) タカセ大阪物流生産センター(大阪営業所)完成 タカセ札幌物流生産センター(札幌営業所)完成 1994年(平成 6) 香港法人設立 【雅達通運(香港)有限公司】 1996年(平成 8) 川崎営業所(タカセPIセンター)増築完成 1997年(平成 9) 川崎港営業所(タカセVCセンター)完成 1998年(平成10) 米国ロサンゼルス市に法人設立 【Takase Add System, Inc. 西条市内、愛媛県内の近距離から四国発着の中/長距離まで県内外問わず安定した定期便の輸送をご提案いたします。 現在、物流の現場では著しい自動化・情報化が進んでいますが、その運用を担う「人」の重要性がこれまで以上に増していることは言うまでもありません。 また、メーカーやチェーン小売業などが納入業者のところを回って仕入商品を集荷してくるときにも採用されます。 当社は、昭和43年創業以来、四国の物流の一翼を担う運送会社として、多方面のお客様より厚い信頼をいただいております。

>

大型トラック運転手

また、サヌキエクスプレスは「社員ファースト」を掲げ、社員に寄り沿う企業を目指しております。 牧場を巡回して牛乳を集荷するのになぞらえてミルクラン方式と呼びます。 増トン低床ウイング22輌• 商号 高瀬ロジスティクス株式会社 所在地 〒793-0028 愛媛県西条市新田75-1 TEL:0897-66-7724 FAX:0897-66-7734 設立年月日 昭和39年12月1日 代表取締役 髙瀬 宏之 資本金 1,000万円 事業内容 一般貨物自動車運送事業/貨物運送取扱事業/倉庫事業/産業廃棄物収集・運搬事業 許認可取得 四運倉許第1118号 高陸自認第755号(一般区域) 高陸自認第524号(取扱登録) 産業廃棄物処理等許可番号 (3800014861) 取引先銀行 伊予銀行 西条支店/愛媛銀行 西条支店/広島銀行 伊予西条支店/百十四銀行 西条支店 香川銀行 西条支店/商工中金 松山支店 関連会社 社員数 25名. 積荷としては、建材、印刷物、金属類、紙業製品、日用品、材木など多岐にわたっており、大手荷主様とのお取引が年間を通じて繁閑なくあるため、安定した給料が保証できます。 折り返しご連絡いたします。 代表取締役 髙瀬宏之 保有車両• また物流をアウトソーシングし、輸送経費の削減を可能とする3PLを企画させていただくことにより、商品の保管から梱包作業、在庫管理、陸運業まで一貫した物流ソリューションをご提案いたします。

>

タカセ物流株式会社|ホーム

月末や連休前、繁忙期などの流動的物量にご対応致します。 荷主側からすると、その利用運送業者に運んでもらっているつもりで依頼しますし、利用運送事業者も荷物が届くかどうかに対して責任を負うことになります。 自社管理されたトラックをご用意させて頂くことにより、お客様や納品先様にも満足して頂くサービスをご提供させて頂きます。 会社設立50周年を迎え、さらにお客様に選ばれる企業を目指すべく、高い志を持ち確かな輸送サービスを実現します。 また、このたびは弊社のホームページにアクセス頂き誠に感謝申し上げます。

>