ラリーガ 再開。 再開前に再確認!ラリーガ・プレミアリーグ・セリエAの優勝予想オッズまとめ

ラ・リーガは11日からの再é

状況が許せば前倒しも可能かもしれない」とテバス会長。 一時は中断も視野に入れていただけに、再開できて本当に嬉しいですね。 Getty Images 今回のコラムでは、「6月13日のマジョルカ対バルセロナは3か月前に行われるはずだった同カードとどこが違うのか」について考える。 時代がそうであるようにラ・リーガも「コロナ前」と「コロナ後」に分かれるのだろう。 ドイツブンデスリーガの再開に続き、いよいよスペインラ・リーガも6月11日に再開が決定しました。

>

ラリーガ再開 〜期待と展望〜

23日、ラリーガとスペインサッカー連盟(RFEF)が共同声明を出している。 無声援によって失われるホームアドバンテージ、好調をキープしていた選手は流れを断ち切られ、一方では怪我から復帰する選手もいる。 現在1位のバルセロナは勝点58、5位のヘタフェは勝点46とその差は12。 一方、守備陣は盤石だ。 6月1日からは最終段階として、人数制限なしの集団トレーニングが実施される。 これをひっくり返すことはもはや不可能でしょう。 先日、リーグアン(フランス)とエールディビジ(オランダ)が今季終了に踏み切った一方で、ブンデスリーガ(ドイツ)とスュペル・リグ(トルコ)が相次いで再開を発表した。

>

セビージャダービーのラ・リーガ再開・ラリーガ再開・楽しみが話題

Tokyo 2020(東京五輪)の予選を含む、さまざまな大会が中止・延期を余儀なくされている。 8月中旬にシーズンを迎える。 それから3年を経てプレミアにカムバック。 バルセロナに移籍したアントワーヌ・グリーズマンの穴を埋めるため、ベンフィカより1億2600万ユーロで ジョアン・フェリックスを獲得したが、ここまで、チーム得点数31得点と、攻撃陣に迫力が感じられない。 そして6月・7月は、各国代表選手がFIFA(国際サッカー連盟)ワールドカップや各大陸選手権に出場。 優勝は例年どおりバルサかレアルが堅そうですね。

>

ラ・リーガの再開日はいつ? 再開する場合・しない場合のシナリオを解説

完全な平等である一方、チームや選手、ファン、誰にとっても平等に残念な判断と言える。 その後リーグ公式ホームページ上で、6月11日に再開すると発表した。 ブックメーカー各社では、試合の勝敗予想などに加えて 優勝予想系のオッズも改めて発表されています。 かなり強硬な日程なだけに大番狂わせもありえそうですね。 CL争いが熾烈。

>

ラ・リーガは11日からの再é

注目はそれぞれリヴァプールからレンタル中のナビル・フェキルとジエゴ・カルロス。 レアルマドリード 開幕から好調をキープし負け数こそリーグ最少の3にとどまっているレアルマドリードだが、現在は リーガ2位に位置している。 『アス』によれば、CSDはスペインサッカー連盟(RFEF)、スペインプロリーグ機構(LFP)とラ・リーガの残り11試合について合意に達し、声明を発表。 11日にはセビージャ対ベティスの"アンダルシア・ダービー"が開催される。 CLもELも新しい日程が発表されていないが、再開されるとしたら、5チームはラ・リーガとの過密日程をこなす必要が出てくる。

>

ラ・リーガ再é

リーグを再開せず、このままシーズン終了となった場合はどうか。 皆様の予想的中と賞金獲得もお祈りしております!! リーグを再開するにしても終了するにしても、大きな影響が出ることに変わりはない。 【写真:Getty Images】 ラ・リーガ会長であり欧州サッカー連盟(UEFA)実行委員会の一員でもあるハビエル・テバス氏は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により開催が中止されている欧州サッカーは現時点で5月半ば頃の再開を目指すという見通しを示した。 すべて無観客での開催。 セビージャ(47)• なお6月開幕予定のEURO2020やコパ・アメリカは、1年延期が発表されている。 ここではラ・リーガの再開、あるいは中断・終了した場合について解説する。

>

欧州サッカー再開は「現状では5月半ば」 ラ・リーガ会長が見通し示す

元々タレントが多い中盤の層の厚さも、過密日程をこなすチームにとってプラスに働くに違いない。 スペインやイタリア、ドイツなどでは現時点で4月はじめまでの中止が決定されているが、イングランドでは4月末までの中止期間延長が今週発表されており、他国もそれに続く可能性が高いと予想される。 R・マドリーとバルセロナは、第1レグで白星を挙げられなかったものの、ベスト8進出の可能性は十分に残している。 ラリーガの現在の順位 現在、各チーム27試合を消化しており、残り11試合を残しております。 バルセロナ(58)• 関連URL. アスレティック・ビルバオ(37)• 下位争いは マヨルカ、レガネス、エスパニョールが降格圏。 17日に「新型コロナウイルスによる健康上のリスクが収まり次第、団結して最善の方法を見つける」と声明を出した。

>

ラ・リーガの再開日はいつ? 再開する場合・しない場合のシナリオを解説

現時点で第27節まで終了。 レガネス(23)• しかし、仮にシーズン開幕が例年通り8月だとすると、各チームのフロントは、短期間でのチーム編成を余儀なくされる。 さらに、声明では今季の最終節についても言及され、「新型コロナウイルスの感染状況に左右されるが、現時点では7月18~19日にシーズンを終了することを目指す」との方針が発表されている。 リヴァプールの優勝マジックは「2」、つまりあと2勝で決まります。 こちらも楽しみですね~。 ぽちっと。 中国を発生源とする新型コロナウイルスは欧州各国に拡大し、各国のサッカーリーグやUEFA主催大会も次々と中止。

>