スマホ で テプラ。 キングジム“スマホ専用テプラ”を使ってみた 大画面でラベル編集できる魅力 (1/2)

【スマホで簡単テプラ!!】コンパクトで低価格!![テプラLite LR30]がすごすぎる!!

家の整理整頓に活躍しそうですね。 アプリに特化して作れるラベルの幅を広げた、 今回のピータッチキューブは本当に便利です。 Image: キングジム ここで「こだわり作成」を選ぶと、 テンプレートをアレンジできるようになります。 ラベルプリンターの「テプラ」と聞くと、どんな印象を持っているでしょうか? 私は子どもの学校用品に名前を書くとき大量にプリントアウトして使っている程度でした。 イラスト入りラベルを印刷してみる テプラ Lite LR30とスマートフォンは、Bluetoothで接続します。 さらに、 「タイムスタンプ機能」で日付を入力すれば、日付のラベルも簡単に作れちゃいます。 また、自分だけのオリジナル似顔絵の作成や、スマートフォンで撮影した写真をラベルに挿入することも可能です。

>

名前を付けて整理整頓したいなら、スマホ連動のラベルプリンターがおすすめ

しかしラベルライターはプリンターと違い、 色あいなどは全てカートリッジに依存します。 各製品の使い勝手や収納性などを厳しくテストし、 合計70点満点で評価しています。 「タイムスタンプ機能」で 日付管理!• しかし どこでも作成できるというこの一点で、 私はピータッチキューブにぐぐっと評価が傾きました。 さらにエクセルデータを流し込んだり、日本語を英語や中国語などに翻訳したり、写真を取り込んだり……と従来のラベルライターの枠を超えた機能も搭載。 文字の大きさやフォントが変えられたり、イラストが挿入できたりするのだが、表示画面が小さくて見づらいうえ、ほとんどが1つの「機能」ボタンに集約されているため、基本機能以外は使いこなせないでいた。

>

【Amazon得報】オシャレに生まれ変わったスマホ専用テプラが31%オフで11,394円に!(2020年12月3日)|BIGLOBEニュース

高精細ヘッドにより360dpiという解像度を実現していることで美しい印刷が可能。 テプラ最上位機種同等の 360dpiの高精細ヘッド採用なので、筆記体などの細かい文字も、デザインも綺麗に印刷してくれるんです。 印刷速度が早く大量のラベル印刷がスピーディにできるのに加えて、カッターの動作音が静かなのも特徴。 jpのセール品のなかから、いまオススメしたい商品を紹介します。 カラーバリエーションとしてこちらのカーキのほか、ベージュもラインナップ。 テンプレートにはかわいらしい繊細なイラストも含まれています。 形も色もシンプルで、 とてもスマートな印象のピータッチキューブ。

>

スマホで簡単操作のピータッチキューブをテプラと比較!初心者にはどっちがおすすめ?

テプラシリーズ15製品の中から、今回は10製品をセレクト。 ちなみにカートリッジ側には小さな窓があり、 中にどのカートリッジを入れているのかが、 一目でわかるようになっています。 新しいラベルをイチから作ってもいいのですが、テンプレートからでもテキストやイラストは自由に変更できます。 フォントやテープ、リボンは種類豊富に用意されている。 こちらもリーズナブルなので、永く使い続けられますよね! 【まとめ】スマホとBluetoothで繋がる! お手軽・低価格「テプラLite LR30」 今回は、テプラLite LR30の詳しい機能や価格などをご紹介してきました。 なにしろ筆者が持っているキーボードタイプより、はるかに直感的かつスピーディーに作成できるのだ。

>

スマホで簡単操作のピータッチキューブをテプラと比較!初心者にはどっちがおすすめ?

たとえば、「リビング」の「To Do管理やボックスの収納に」のラベル。 携帯からも操作できるので、PCがなくても使えるので活躍しています。 この『CUBE』はキーボードのないラベルライター。 それが、キングジムのラベルプリンター「テプラ PRO SR5500P」だ。 Bluetooth接続されたスマートフォンに専用アプリを入れることで、用意されている豊富なテンプレートから様々なデザインを選ぶことが可能になっている。 テンプレートを選ぶと編集画面に切り替わるので、イメージのテキスト部分をタップして、文字列を修正します。

>

【ミニレビュー】スマホで完結する「テプラ」。選べるフォントやイラストが楽しい

記号・絵文字の数も1,600種類以上と群を抜きます。 お子様が描いた似顔絵などを 「写真挿入機能」を利用して、スマホに取り込み、それをそのままテプラLite LR30で印字することも可能! 嬉しい機能がたくさん備わっていますよね! テプラLite LR30の発売日・価格 テプラLite LR30は、 2019年8月20日 火 にキングジムから発売予定です。 ちなみに筆者が、なるほどよくできていると思ったのが、「貼り合わせ印刷」。 あとは例文をタップすれば、 文言を書き換えることが可能です。 摂取したらチェックマークを入れます。 会員登録でデータを保存 アプリは会員登録してもしなくても使うことができます。 2色発色ができる感熱紙を使えば、強調させたい部分を赤文字にしてインパクトのあるラベルを印刷することもできます。

>

スマホで簡単操作のピータッチキューブをテプラと比較!初心者にはどっちがおすすめ?

キングジム|「テプラ」Lite LR30• 家電販売員たろっさとして、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営。 互換テープは約半額で手に入れられるので、大量に使う方は検討しても良いと思います。 5・6・9・12mm 4・6・9・12・18㎜ これは人それぞれかもしれませんが、 私個人としてはピータッチキューブの12mmまでは、 ちょっと物足りない気がします。 初めての人でも目的にあったラベルを簡単にデザインできるように、多彩なフォーマットや記号などがあらかじめ入ったプロダクトです。 ブラザーから登場した「P-touch CUBE」もテプラに匹敵するほどの人気商品。 便利な機能• 今までのラベルライターは小さな液晶モニターを見ながらキーボードで作るのが普通でしたが、今では スマホで簡単に作れるタイプが主流になっています。

>