鉄道 事業 法 施行 規則。 鉄道事業法施行規則付則◆用語◆四方山話

鉄道軌道整備法施行規則の全文・条文

附 則 (平成元年七月二〇日運輸省令第二四号) この省令は、公布の日から施行する。 ) 十 法第十九条の規定による届出の受理 十の二 法第十九条の二の規定による届出の受理 十の二の二 法第二十二条の二第三項の協議の開始又は再開の命令(新幹線鉄道等に係るものを除く。 (鉄道及び軌道)(東証二部、が43. 改正: 平成7年3月23日号外 運輸省令第14号〔許可、認可等の整理及び合理化に関する法律の一部の施行に伴う運輸省関係省令の整備等に関する省令五条による改正〕• (を参照)• ) 六 鉄道線路の譲渡を受ける相手方 七 鉄道線路を使用させる相手方(当該相手方の事業の廃止による場合に限る。 51%を保有)• 以下次条において同じ。 )を記載した書類を国土交通大臣(第71条第1項の規定により法第3条第1項の免許の権限が地方運輸局長に委任されている鉄道事業に係るものにあつては、地方運輸局長)に提出しなければならない。 一 鉄道線路 二 停車場 三 車庫及び車両検査修繕施設 四 運転保安設備 五 変電所等設備 六 電路設備 (工事の施行の認可申請) 第十条 法第八条第一項の規定により工事の施行の認可を申請しようとする者は、次に掲げる事項を記載した工事施行認可申請書を提出しなければならない。

>

鉄道事業法|条文|法令リード

関西以外では、西武がを2009年から単独で所有している。 ) 2 法第十三条第一項の確認を受けた車両の使用区間を変更して当該車両を鉄道事業の用に供しようとするため、同項の規定により車両の確認を申請しようとする者は、次に掲げる事項を記載した車両確認申請書を提出しなければならない。 改正: 昭和63年3月31日運輸省令第6号〔航空法施行規則及び鉄道事業法施行規則の一部を改正する省令二条による改正〕• b 鉄道施設等の設計の業務に関し、通算して十年以上の実務の経験を有する者であること。 ) 二 計画供給輸送力(旅客の運送に付随して運送する貨物(新聞紙及び雑誌に限る。 )並びに第472条の規定 (市町村の合併の特例に関する法律第6条、第8条及び第17条の改正規定に係る部分を除く。

>

鉄道事業法施行規則第3章◆用語◆四方山話

もお読みください。 イ 起点及び終点並びに線路中心線の経過市町村名及びその境界線 ロ 線路中心線から少なくとも左右40メートルにわたる区域内の地形及び地物 ハ 線路中心線の200メートルごとの逓加距離 ニ 停留場の位置、名称及び中心キロ程 ホ 縮尺及び方位 2 縦断面図縮尺は、2000分の1以上とし、次に掲げる事項を記載しなければならない。 とが出資する新会社東京地下鉄に事業を承継)• 改正:• (を参照) 大都市()の地下鉄が公営企業によって経営されているのは、地下高速鉄道整備事業費補助制度に基づく地下鉄建設費の補助金が、原則として地方公共団体及び旧だけに支給されたためである。 災害やモータリゼーションの進展によって廃止の危機に追い込まれていたものを、1972年に東京のが約1億円で買収。 附 則 (昭和四五年九月一〇日運輸省令第七九号) 抄 1 この省令は、公布の日から施行する。

>

鉄道事業法施行規則第3章◆用語◆四方山話

これは、「金が矢のように集まる」になるからだという話と、当時のの赤字経営から「金を失うことを避けないとつぶれる」という意向があったという話があるといわれている。 (契約申込)第二十八条 政府と法第十六条の規定による契約を結ぼうとする金融機関は、鉄道設備改良融資利子補給契約申込書(第二十二号様式)二通に、それぞれ融資仮契約書の写しを添付して国土交通大臣に提出しなければならない。 (試験を行う法人) 名称 主たる事務所 試験の名称 財団法人鉄道総合技術研究所 東京都国分寺市光町二丁目八番地三十八 鉄道設計技士試験 (認定の更新) 第二十五条 法第十四条第一項の認定は、その業務の能力について前条第一号に掲げる基準による認定(以下「一般認定」という。 第五章 削除• この場合において、第二十八条の三中「法第八条第一項 、第九条第一項若しくは第三項(法第十二条第四項 において準用する場合を含む。 )」とあるのは「鉄道公団が鉄道施設を設計し、かつ、設計の確認をしたことを証する書類」と読み替えるものとする。

>

鉄道事業法|条文|法令リード

附 則 (平成三年九月二五日運輸省令第二九号) 抄 (施行期日) 1 この省令は、平成三年十月一日から施行する。 (平成二十九年経済産業省令第三十二号)• 一 氏名又は名称及び住所 二 車種及び記号番号 三 変更しようとする事項(書類及び図面により新旧の対照を明示すること。 この場合には、第一項の申請書に、同項各号に掲げる事項のほか当該工事計画を分割して申請する理由を記載し、かつ、前項各号に掲げる書類及び図面のほか当該申請に係る部分以外の工事計画の概要を記載した書類及び図面を添付しなければならない。 四 法第十三条第三項の規定による車両の構造又は装置の変更の届出に当たつては、第一号ニに掲げる書類及び図面のうち構造又は装置の変更に伴いその内容が変更されるものを添付すること。 一 氏名又は名称及び住所 二 設定し、又は変更しようとする使用条件を適用する鉄道線路 三 設定し、又は変更しようとする使用条件(変更の認可申請の場合には、新旧の対照を明示すること。 ) 2 第二種鉄道事業に係る事業基本計画には、前項第二号ロ(第一種鉄道事業者又は第三種鉄道事業者が使用させる場合を除く。 ではの国際物流事業本部や、など• を経営・運営するの完全子会社であり、全ての駅の全ての出入口がオリエンタルランドの所有地内にある。

>

鉄道事業法

一 職員、試験事務の実施の方法その他の事項についての試験事務の実施に関する計画が試験事務の適正かつ確実な実施のために適切なものであること。 二 法第九条第一項 及び第十二条第一項 の規定による認可を受けなければならない変更は、次に掲げるとおりとすること。 (事業基本計画等の変更の認可申請)第七条 法第七条第一項の規定により事業基本計画又は法第四条第一項第八号若しくは第十号に掲げる事項の変更の認可を申請しようとする者は、次に掲げる事項を記載した事業基本計画等変更認可申請書を提出しなければならない。 附 則 (昭和三六年八月一二日運輸省令第四六号) 抄 1 この省令は、公布の日から施行する。 また現在の(JR四国)を除く各社では、(デザイン文字)においては「鉄」の字の旁(つくり)を「失」から「矢」にした「 鉃」の字を用いて、「 鉃道」と表記している。

>