室内 植物 おすすめ。 室内で育てられる人気多肉植物10選

おしゃれな観葉植物のおすすめ15選。リビングなど室内を飾る人気商品とは

元から形が良いことでカットしやすいことでも、リビングに置いておくとインテリアとしての要素大です。 ただ、そこまで大きくなってしまうと、観葉植物としては、あまり見栄えがしません。 新緑を思わせるあざやかな緑の色合いと、ツヤのあるみずみずしい葉は見る人にエネルギーを与えてくれるため、リビングのインテリアグリーンには最適です。 直射日光に弱く、当てると葉焼けしてしまうので、明るい日陰の風通しが良場所に置いて育てることをお勧めします。 また、観葉植物は、葉の形やグリーンの華やかさも個性があります。 まして私は観葉植物に関しては素人ですのでせっかく高い金を払って購入しても枯らしてしまってはどうしょうもないからです。 耐陰性があり、室内の比較的暗い場所でも、葉が落ちにくいことから初心者にも育てやすい品種です。

>

おすすめ室内用観葉植物100選!大型や小型の飾り方など

ヒメモンステラ 「ヒメモンステラ」はモンステラの中では 比較的小さめのサイズであり、色は明るめの緑色をしています。 日照不足の心配なし• ポトスについてはより詳しい育て方や楽しみ方をまとめたもおすすめです。 肉眼ではあたたかみのある白ベースの光に見えますが、太陽の光を再現する赤や青の波長を強くしたライトが採用されています。 どれも個性的なシルエットや葉の色で、リラックス効果も抜群! ここからは、お部屋の場所別におすすめしたいAPEGOこだわりの美しい観葉植物の数々をご紹介します。 室内インテリアグリーンとして定番です。 斑がマーブル模様に入った大きな葉は、とてもおしゃれで見ているだけで癒されます。

>

室内観葉植物の人気おすすめランキング5選【素人でも枯らさない】

観葉植物は、手入れが少々大変なものでもあります。 テレビの横やソファーの横に置けば、インテリアとしての要素大です。 なんとマネーツリーとまでも呼ばれている観葉植物ですよ。 葉色は、グリーン一色のものから、斑が入ったものまで品種によって違います。 光の波長が適切であっても、光量が足りないと植物がうまく育たない場合もあります。 観葉植物は、あくまで観賞用として作られたものではありますが、一生懸命育てたり、アレンジをしてインテリアとしても利用できる植物でもあります。

>

インテリアグリーンで室内をおしゃれに!おすすめの観葉植物特集

オリーブの木 観葉植物• クルクルっとカールした葉が特徴的な人気の大型観葉植物• 毎日の成長を見守り、協力して世話をすることにより、 植物だけでなく家族のコミュニケーションも育てることが出来ます。 機能性• そこで、私は書店で観葉植物の本を買い検討したところパンヤ科の植物で「パキラ」に決めました。 水やり必要回数:普通 春〜秋は土が乾いたら、冬は少なくします• 水の交換は気が向いたら交換する程度(週1回くらい)です。 場所や空間を選ばない多様性がインテリアアイテムとして大人気 観葉植物がインテリアアイテムとして人気を集める理由に、お部屋の場所や空間を選ばない多様性が挙げられます。 さまざまなシルエットの観葉植物がありますので、ぜひお気に入りのインテリアグリーンを探してみてください。 フルスペクトルタイプなので、育苗・発芽・成長・開花・結実の 各ステップで必要な光を十分与えることができます。

>

室内でおすすめの観葉植物13選|部屋の明るさは?

耐暑性• また、風水では鋭く尖った葉の形状は悪い空気「邪気」を払うとされており、玄関に置くにはぴったりです。 水やり必要回数:少なくてOK 特に夏と冬は水やりを控える• 太陽光に含まれているさまざまな波長の光を再現できるため、発芽から結実、または収穫までに必要な光を効率よく与えられます。 写真で説明します。 剪定時に出る白い樹液は触るとかぶれやすいため、注意が必要ですが、水やりなど日々のお世話は比較的簡単。 光の色も、栽培用の赤紫ではなく白っぽいところもお部屋のインテリアに馴染みますね。

>

植物育成ライトのおすすめ14選。屋内で花や野菜を育ててみよう

またライトの高さ調整が可能なので、発芽段階では光源を低くして植物にしっかり光を当てることが出来ます。 水栽培(水耕栽培) アイビーの場合、茎を適度な長さでカットし、根本の葉を少し減らして、水につけます。 とても丈夫で生命力旺盛。 それでは日陰に強い観葉植物を見てみましょう。 購入時に小型であっても、だんだんと大きくなるタイプもたくさんありますので、注意してくださいね!さっそくチェックです。 4.キッチン お部屋の中でインテリアグリーンを置きたいおすすめの場所がキッチンです。 対象物に応じて明るさは3段階、光の当て方は散光・透明の二種類のレンズ、スイングアームで角度は自在と 調整できる機能が多いのが特徴です。

>

植物育成ライトのおすすめ14選。屋内で花や野菜を育ててみよう

夏型とは、4月~10月の夏季に成長し冬は休眠する多肉植物のタイプの事です。 3-1.水やり 水やりは 「土が乾いたらたっぷりと与え、受け皿に水をためない」が基本です。 品種が多くて初心者でも育てやすく、色んなアレンジができると人気の観葉植物になります。 緑があると落ち着きますね。 具体的に室内ではどのような育て方をすれば良いか、多肉植物の「夏型」「冬型」「春秋型」という分類別にご説明します。

>

植物育成ライトのおすすめ14選。屋内で花や野菜を育ててみよう

青色の光と赤色の光を、それぞれボタンで切り替えることができますので、植物の状態に応じて最適な成分の光を与えることが出来ます。 観葉植物は、飾るだけでなく、入れる鉢を変えることにより、さらにおしゃれさもアップします。 個性的な斑(まだら)模様の葉のサンスベリアは、マイナスイオンを放出し、空気清浄効果のある観葉植物としても有名。 だんだんと大きくなりますが、小型のタイプだと可愛らしいです。 暗い場所には耐えられない観葉植物もこのエリアに入ります。

>