Philips シェーバー。 フィリップス電気シェーバー

フィリップスのおすすめ電気シェーバーの選び方~各モデル(型番)を比較・解説~

フィリップスのシェーバーに関するQ&A フィリップスのシェーバーは海外で使用できる? フィリップスの電気シェーバーの多くは、 海外で使用できるようになっています。 フラット形状の内刃枚数は15枚。 2020年発売の最新モデルではそれまでの基本性能を踏襲しつつ、付加機能として「ヒゲ密度感知システム」が新搭載。 アトピー肌の自分でも肌荒れすることなく、シェービングすることができます。 下位モデルが「コンフォートカット刃」、上位モデルが「マルチプレシジョン刃」と覚えておきましょう。 そのため8方向への稼働が可能に(下位シリーズは5方向)。 【図2,3】 ・保持板ホルダーから保持板を取り外し、他の保持板についても同様の方法で取り外す。

>

フィリップスのシェーバーおすすめ12選。各シリーズの違いに注目

マイクロコーティング技術で、肌との摩擦を極力低減させたスキンコンフォートリングや、剃り上げ時の引っ張られ感やストローク数を抑えたジェントルプレシジョン刃を搭載。 また、乾電池式であれば海外旅行の際も電源コードのプラグ形状を気にする必要がありません。 防水仕様モデルが多く、泡フォームやジェルをつけての肌にやさしいお風呂シェーブも可能です。 回転式シェーバーが欲しいけど、深剃りもしたいという人は、上位モデルから選ぶことをおすすめします。 2モデルの基本スペックに大きな違いはありません。 刃の枚数:3枚刃• パワーが強いというわけではないので、ヒゲが濃い人におすすめできません。 日本では電気シェーバーなど白物家電のイメージが強いPHILIPSですが、医療機器分野 MRIやAEDなど でも高い技術力を持っており、世界のヘルスケア分野で大きく活躍しています。

>

フィリップスのシェーバーおすすめ12選。各シリーズの違いに注目

また、カートリッジに含まれる潤滑剤の働きにより刃の摩耗の軽減・シェーバーの剃り味を維持する効果もあります。 白熱電球製造からスタートし、その後ラジオ受信機や蓄音機、シェーバーなどの製造・販売で大きく発展していきます。 本体重量:164g• ・保護キャップは4モデル全てに付属します。 ずっとフィリップスのシェーバーを使っていますが、ここまで肌に優しいと感じるのは初めて!• ヒゲの濃さや使用頻度によって異なりますが、最低でも1週間に1回程度は綺麗に洗浄しておくべきでしょう。 電気シェーバーは汚れやヒゲくずが溜まってくると、手洗い・乾燥させる手間がかかります。 オレンジ色のリングを挟み込んで反時計周りに回すと、刃の部分を分解することができます。 デザインや質感の良さも9000シリーズの魅力。

>

PHILIPSシェーバーのラインナップ一覧

回転数を調節できるモデル パーソナルコンフォート設定搭載モデル なら、洗顔ブラシの強さも三段階で調節することができます。 丁寧に優しく深剃りしたい日はウェットシェービング、忙しい日はドライシェービングと使い分けが可能。 ナノプレシジョン刃• しっかりと深剃りをしたい場合は、時間をかけてシェービングをする必要があります。 【乾電池式・充電式】自分の使用用途や使用環境に合ったモデルを選びましょう 鞄などに入れておけば、ちょっとした剃り残しの処理などにも便利なコンパクトシェーバー。 また、 アプリと連携させることによって、パーソナルシェービングプランを立てることができます。 刃の枚数:3枚刃• 同価格の他メーカーの電気シェーバーと比べると、お肌への優しさは抜群! 安い価格帯で、お肌へのダメージをできるだけ減らしたいと考えているのであれば、フィリップス5000シリーズがおすすめです。 皮膚が弱く医師から電動シェーバーを進められて購入。

>

フィリップスのおすすめ電気シェーバーの選び方~各モデル(型番)を比較・解説~

高価なモデルにみられる自動洗浄器の付属や回転数調節など付加機能は一切ないものの、導入コストの安さから回転式シェーバーの入門機としておすすめです。 もちろん、エネループなど手持ちの充電池があれば活かすことができます。 となると、必然的に候補は絞られてくる。 5000シリーズの機能• 口周りや頬など肌が荒れやすい箇所も優しく剃ることができます。 もう下位モデルには戻れません。

>

フィリップスのシェーバーおすすめ12選。各シリーズの違いに注目

口コミや評判• ・内刃と外刃を水またはぬるま湯で洗い流す。 剃り心地を3段階で調節する「パーソナルコンフォート設定」をはじめ、自動洗浄器が付属するなど機能面で最も充実している機種がコチラです。 3時間/約20回(約60分)• 精巧な27枚の自動研磨システム刃で常にシャープな切れ味を維持します。 1時間/約20回(約60分)• 【関連リンク】 ・株式会社フィリップス・ジャパン PHILIPSシェーバーの特徴 現行のPHILIPSシェーバーは9000、7000、5000シリーズと3つの主力モデルがラインナップ。 Amazon評価:4. 肌への密着度が変わるので、深剃り早剃りがスムーズにできるようになる。 これらの付属品や付加機能も選ぶ際の重要なポイントとなります。 まとめ:フィリップスシェーバーは2年に一度の替刃交換を. 8方向可動 輪郭検知テクノロジー• さらに、 ナノ粒子技術を活用したナノプレシジョン刃と、ヒゲの状態を常時モニターするヒゲ密度感知センサーを搭載し、さらなる深剃りを実現しています。

>

フィリップスのおすすめ電気シェーバーの選び方~各モデル(型番)を比較・解説~

洗浄機そのものに汚れがたまりそう• 『肌の状態を考慮しながら、多少時間がかかっても丁寧に剃りたい』 という方にのみオススメしたい。 肌の状態に応じた設定や、肌のトラブルに対してのアドバイスを受けることができるので、肌のトラブルを抱えている方はぜひお試しください。 パワーカット刃 1000シリーズに搭載される「パワーカット刃」はカーブしたスリットにより肌当たりが滑らかなのが特徴的。 ただし、上位モデルには深剃りにもしっかりと対応したものもあります。 9000シリーズでお馴染みの8方向に動く可動ヘッドを踏襲しています。

>

PHILIPSシェーバーのラインナップ一覧

まず、大きな違いは 電源方式です。 また、5000シリーズよりも自由に動く 「5方向ダイナミックフレックスヘッド」が肌に密着。 パーソナルコンフォート設定 5000シリーズ・7000シリーズとの最大の違いと言えるのが、ヘッドの部分。 カミソリ負けをすることがありません!ただし、往復式シェーバーから買い替えると、扱い方に慣れるまでに少し時間がかかってしまいます。 直線で捉える剃刀や往復式シェーバーなどと異なり、面で捉える回転式シェーバーは肌への圧力も分散しやすく、やさしく剃ることが出来ます。 多彩な着脱式アタッチメント ヘッドを洗顔ブラシやヒゲスタイラーなどに取り替えることができ、使い方の幅が広がります。 そのため、刃の切れ味が落ちにくく、 約2年間にわたり替刃の必要がありません。

>