東京 都 副 知事。 東京都・宮坂副知事が目指す「プラットフォームとしての街」とは?:日経クロストレンド

元ヤフー社長の宮坂学氏がその思いを語る――いまなぜ、行政に転職したのか?【Code for Japan Summit 2019 in 千葉】

47都道府県の知事で組織する団体であるにおいても特に発言力が強い。 IT企業からの転職は、給料の安さがネック? フルタイムにこだわらず、副業などによる受け皿を作りたい 関氏: 次は給料の話題について。 世界的に自然災害が深刻化する中、東日本を昨年襲った台風19号の水害を受けて、水防災情報の発信を強化し、防災分野でのドローンの利活用を推進するという。 これにより制度上は「東京市」という名称で一体として統治される都市は消滅し、都市としてのは各区へ移管、委譲されたことになる。 東京都は「エンジニアリングカルチャー」にあふれた場所 行政サービスのDXを一種のプロダクトと捉えた場合、そのミッションやビジョンとは何だろうかという及川氏の問いに対し、宮坂氏は、2019年に都が策定した「未来の東京」戦略ビジョンを踏まえ、「都民の幸福を実現する=小池都知事がよく言う『Quality of Life』の向上を実現することが行政の仕事だと定義できます」と答えた。 特に東京都の職員は「ICTは本質的にわれわれを豊かにしてくれるテクノロジーである」と考える人材を増やす必要がある。 来歴 [ ] 生い立ち [ ] 出身。

>

東京都副知事

また、埋立地を造成・活用し、臨海副都心の開発、廃棄物処理場整備、海の森等の海上公園事業を行っています。 例えば、3密回避をテーマにオフィスの疎密可視化や回避策の検討、3密を回避した移動と公共交通事業者の乗客数の減少防止を両立させた情報提供の在り方などを実証していきます。 まずは一部の地域から始める「スマート東京」だが、将来的には東京全域で実装化し、最終的に全国の都市へと展開していく。 関連項目 [ ]• 新しいチャレンジャーにどんどんチャンスを与えることが大事で、都が自らモデルとなり、他の自治体もインターネットを中心に置いて産業育成や行政のデジタル化する動きが起きるのではないかと期待している」 【記者の目/デジタル化、早期実現に期待】 現状比100倍以上の通信速度でつながる5Gの生活は、あらゆる分野で利便性が向上する。 5月から石原慎太郎東京都知事のとなる。

>

都副知事に梶原氏起用へ 猪熊氏は退任

「トラベル」をめぐって政府の分科会は、感染状況が2番目に深刻な「ステージ3相当」と判断された地域はトラベルを一時停止するよう提言。 政策企画局 政策企画局は、都の行財政の基本的な計画及び総合調整、重要な施策の企画立案、報道機関との連絡調整、都市外交の推進に関する事務などを行っています。 その組織強化も宮坂氏の仕事というわけだ。 2020年6月7日閲覧。 (2019年3月末現在3人在職) 職員 知事の仕事を実際に行うため、局部課係等の組織が設置され、多くの職員が置かれています。 「庁内はほぼ全局回った。

>

東京都副知事・宮坂学氏がプロダクト視点で語る「行政サービスのDX」とは:行政インフラの第一印象は「1995年のインターネット」

さて次の質問は、「行政職員で全てを賄うのは不可能だと思います。 東京都栄誉賞 特に顕著な業績により、広く都民に敬愛され、社会に明るい夢と希望と活力を与え、東京都の名を高めた方に対して、その栄誉をたたえる 消防褒賞 地域住民の生命・財産の安全確保に従事している消防団及びの労苦に報いるため、消防団員として20年以上勤務した者で、特に消防業務の功績が顕著であり、消防団員の模範となる者を表彰するため、賞状並びにを授与する。 とにかく直接会いましょう、と。 「自分がヤフーに入社したころは、インターネットはものすごく遅かったし、モバイルインターネットもありませんでした。 むしろ無い方が嘆かわしいね」と述べ、浜渦を擁護した。 東京都 副知事 宮坂学氏 「今ある事業にデジタルをかぶせ、より良くしていこうと活動しています。 行政で働くと「あそこの職員に選ばれたのはすごい」というような、誰もが憧れるキャリアパスになれば素敵だと思います。

>

爆速ヤフーの宮坂学が東京都副知事になったワケ

左:東京都副知事 宮坂学氏、右:プロダクトマネージャーカンファレンス実行委員 及川卓也氏 1つ目の施策は「つながる東京」と掲げた、公共の場における高速のモバイルインターネットの普及だ。 ここを拠点にの在阪メンバーとも親交があり、関西では多少名の知れた活動家だった。 11月にはが見つかり、のためから療養。 褒賞に記念章が伴うことから消防褒章とも通称される(正確な呼称ではなく国ののとは異なる)。 このほか、上下水道や都営交通などの一部民営化の検討、(IR)の積極的な誘致を掲げた。 また、多摩地区においては、市町村が行う公共下水道の終末処理を行うため、流域下水道事業を行っています。 宮坂氏: それと、もう少し行政の方が脚光を浴びるような場を作ってあげたいと思いますね。

>

東京都副知事について

2020年6月9日閲覧。 そうした状況下で、都にはなかなか難しい舵取り役が求められる。 5Gネットワークだけでなく、Wi-Fi利用の環境整備や、災害時のインターネット接続なども課題であり、いつでも、どこでも、誰もがつながる都市を目指すべきである。 」 ほかにも、気候変動や都市人口の増加など、東京都にはさまざまな課題があり、これからは都市をどのように変えていくかが重要になる。 人を増やしたいと思っているので、そのタイミングが来たら、ぜひ民間企業から転職していただけるとうれしいですね。 宮坂氏はまず、平成に起きたことを振り返り、スマートフォンの普及に注目した。

>

東京都副知事

宮坂学氏 関氏: 「副知事になって、民間企業やベンチャー企業に対してどんなことを期待しますか?」という質問が来ています。 これは職員だけでなく議員さんについても同じで、議員さんにもやはりもっといいインターネット環境で仕事できるようにしてあげたほうが絶対にいい。 熊本県知事のは大学の恩師。 その前提として、日頃働くときに利用する道具がモダンになっていないと、アウトプットもなかなか変わりません」(宮坂氏) こうした3つの取り組みを支えるもう一つの大きな取り組みが、デジタル人材の育成だ。 サステナブル・ブランド ジャパン編集局=小松遥香 東京都は昨年末、「『未来の東京』戦略ビジョン」を発表した。 関氏: フルタイムじゃなくて、週3日でもいいとか、柔軟にするのもいいですね。

>