Bmw2 クーペ。 BMW 2シリーズ グランクーペを渡辺敏史が試乗! 大人のための本格派小型4ドア3ボックス

名前のややこしさはMAX!のBMW2シリーズグランクーペだがパッケージングも走りも最高だった|オープンカー|MotorFan[モーターファン]

BMWの創立100周年を記念した第4弾モデル。 ラインアップは、2L 直列4気筒DOHC BMWツインパワー・ターボ・エンジン搭載の「220iクーペ Mスポーツ」、3L 直列6気筒DOHC BMWツインパワー・ターボ・エンジン搭載の「M240iクーペ」、1. 右ハンドルのみの設定。 4シリーズにも設定されるグランクーペは、エレガントなルックスとある程度の実用性を両立させる必要があるため、コンパクトな2シリーズではスペース効率で有利なFF系が選択されたという。 ワイドで逞しさ溢れるボディと躍動的なキャラクター・ラインが、筋肉質なアスリートを彷彿とさせるスタイリングを形成。 今回、一般的な機械式駐車場にも収まる全幅1,800mm、全高1,550mm の取り回しの良いコンパクトなボディ・サイズとBMW初の前輪駆動方式を採用した「アクティブツアラーモデル」を追加。 ドライビング・ダイナミクスにおいては、セグメント唯一の後輪駆動コンセプトや、約50:50の理想的な前後重量配分により、スポーティで俊敏なハンドリング性能を実現し、圧倒的にダイナミックな走りを可能にした。

Next

BMW2シリーズグランクーペ登場:FFありFRあり、クーペありワゴンありのBMW2シリーズを整理してみた|オープンカー|MotorFan[モーターファン]

意地の悪いひとびとは、パーティドレスをまとった1シリーズ、といったレッテルを貼るだろうクルマだ。 ラインアップは、2L 直列4気筒DOHC BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載し、最高出力135kW(184馬力)/5,000rpmを発生する「220iクーペ スポーツ」、「220iクーペ Mスポーツ」、3L 直列6気筒DOHC BMW M パフォーマンス ツインパワー・ターボ・エンジンを搭載し、最高出力240kW(326馬力)/5800rpmを発生する「M235iクーペ」、2L 直列4気筒DOHCエンジンに8速ATを組み合わせる「225i xDriveアクティブツアラー Mスポーツ」、コンパクト・オープン・モデル2L 直列4気筒DOHC BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載した「220iカブリオレ スポーツ」、「220iカブリオレ ラグジュアリー」、「220iカブリオレ Mスポーツ」、1. このジャンルは、中身は落ち着いた4ドアセダン的なのに、見た目は流麗なクーペに見えるのが最大のポイント。 右ハンドルのみの設定。 5L 直列3気筒DOHCエンジンに6速ATを組み合わせる「218iアクティブツアラー」、「218iアクティブツアラー ラグジュアリー」、「218iアクティブツアラー Mスポーツ」、2L 直列4気筒DOHCエンジンに8速ATを組み合わせる「225i xDriveアクティブツアラー Mスポーツ」、コンパクト・オープン・モデル2L 直列4気筒DOHC BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載した「220iカブリオレ スポーツ」、「220iカブリオレ ラグジュアリー」、「220iカブリオレ Mスポーツ」、4気筒クリーン・ディーゼル・エンジンを搭載した「218dアクティブツアラー」、「218dアクティブツアラー ラグジュアリー」、「218dアクティブツアラー Mスポーツ」、1. 自らの意思で操る楽しさがある ただし、このエンジンにはトルク感はたしかにあって、速度的にはどんどん上り詰める。 0 si」は、265馬力の直列6気筒エンジンに6ATトランスミッションを搭載しています。 ワイドで逞しさ溢れるボディと躍動的なキャラクター・ラインが、筋肉質なアスリートを彷彿とさせるスタイリングを形成。 インフォテイメントシステムには8. BMWコネクテッドドライブにはBMW SOSコール・BMWテレサービス・BMWリモートサービス・BMWオンライン・BMW APPsが含まれます。

Next

Chevron

また、iDrive ナビゲーション・システムを全車標準装備。 より快適にドライブを楽しむことができるようになります。 BMW2シリーズグランクーペの全幅が1800に収まってるのは日本の道路、駐車場事情には嬉しいですね~ サッシュレスドアもテンション上がりますし、気になるのは走りですが、 新型1シリーズのBMW118iやM135iを試乗した感じだとFFベースでもとても良かったので 特にM235iグランクーペは大体想像がつきますが楽しい仕上がりになっているかと思います。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 ハッチバック DBA-2A15 1498cc 5 6AT FF 5名 17. さらに、8速オートマチック・トランスミッションやエンジン・オート・スタート/ストップ機能など先進の環境対応技術を数多く採用し、燃料消費率は20. 伸びやかなサイドウィンドウのグラフィック、力強い彫刻が施されたショルダーライン、流れるようなルーフラインが、スポーティさや優雅さを表現している。 BMWの1&2シリーズはいわば、VWでいうクラスのコンパクトセグメント。 0km/Lの低燃費を実現。

Next

BMW、2シリーズの4ドアクーペ「新型2シリーズ グラン クーペ」を発表|中古車なら【グーネット】

運転支援機能に、レーン・チェンジ・ウォーニング、後部衝突警告機能、クロス・トラフィック・ウォーニング(リア)、スピード・リミット情報表示機能が追加されたドライビング・アシストを装備• エクステリアは立体感あふれるキドニー・グリルや、シャープで精悍な丸型4灯ヘッドライトのデザインが、スポーティでスタイリッシュなフロント・フェイスを形成するとともに、フロント・エプロンに水平基調に配置された大型エア・インテークがパワフルな存在感を主張。 5L 直列3気筒DOHCエンジン搭載の「218iアクティブツアラー」、4気筒クリーン・ディーゼル・エンジン搭載の「218dアクティブツアラー」、新世代4気筒クリーン・ディーゼル・エンジンとインテリジェント4輪駆動システム「xDrive」を組み合わせた、「218d xDriveアクティブ ツアラー」、2L 直列4気筒DOHCエンジン搭載の「225i xDriveアクティブツアラー Mスポーツ」、1. 5L 直列3気筒DOHCエンジンに6速ATを組み合わせる「218iアクティブツアラー」、4気筒クリーン・ディーゼル・エンジンを搭載した「218dアクティブツアラー」、2L 直列4気筒DOHCエンジンに8速ATを組み合わせる「225i xDriveアクティブツアラー Mスポーツ」、1. 今回ポルトガルで試乗したM235i xドライブがスポーティなモデルとして手を入れたメニューもM135ixドライブとほとんど同じだ。 右ハンドルのみの設定。 5L 直列3気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載したプラグインハイブリッドモデル「225xeアイパフォーマンス アクティブツアラー」、1. 右ハンドルのみの設定。 4秒とかなり速さを持つスペシャルカーです。 BMWの現行車はこちら 2018年BMW新型車・モデルチェンジ情報はこちら. 登録時には諸費用や税金などのお支払が別途必要となります。 ワイドで逞しさ溢れるボディと躍動的なキャラクター・ラインが、筋肉質なアスリートを彷彿とさせるスタイリングを形成。

Next

【公式】BMW 2シリーズ グラン クーペ ❘ モデル紹介

ワイドで逞しさ溢れるボディと躍動的なキャラクター・ラインが、筋肉質なアスリートを彷彿とさせるスタイリングを形成。 リアでは、ランプやバンパーがより筋肉質なスタイルとなり、高さをアップしたディフューザーにより特徴的なスタイルがつくられます。 BMW新型2シリーズグランクーペの発売日は? BMW新型2シリーズグランクーペは、2019年10月16日にワールドプレミアされ、異例の早さとなる10月31日に日本での受注が開始されました。 また、リヤ・ビュー・カメラやオートマチック・テール・ゲート・オペレーションなどを標準装備。 標準金利の実質年率は3. なぜストロークを詰めて排気量を2リッターくらいにして、コンロッドを長くしなかったのだろうか、とも思う。 スペックは日本で買えるそれぞれのエントリーグレードのものだ(写真と掲載グレードは一致していません)。 ラインアップは、2L 直列4気筒DOHC BMWツインパワー・ターボ・エンジン搭載の「220iクーペ スポーツ」、「220iクーペ Mスポーツ」、3L 直列6気筒DOHC BMWツインパワー・ターボ・エンジン搭載の「M240iクーペ」、1. 5L 直列3気筒DOHCエンジンに6速ATを組み合わせる「218iアクティブツアラー」、「218iアクティブツアラー ラグジュアリー」、「218iアクティブツアラー Mスポーツ」、2L 直列4気筒DOHCエンジンに8速ATを組み合わせる「225i xDriveアクティブツアラー Mスポーツ」を設定。

Next

6シリーズクーペ(BMW)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

これにより「OK, BMW」や「2シリーズクーペ」などのコマンドワードで、車両設定の操作や情報へのアクセスに対応。 ボディ・カラーは人気のアルピン・ホワイトと専用色のインペリアル・ブルーの2色を用意。 今回、「アクティブツアラー」、「グランツアラー」の価格改定を行った。 25インチのナビゲーションシステムと10. 最新のパワートレインや装備により、魅力をアップします。 生誕40周年にあたる2020年には、「Join the PAC」をテーマに世界中でより身近な存在として親しんでもらうための企画を展開開始しています。 インテリアでは、センター・コンソールはドライバーに向けて僅かに角度がつけられ、全ての重要な操作系がドライバーの手の届く範囲に配置されたドライバー・オリエンテッドなコックピットとした。 最新のコモンレール・ダイレクト・インジェクション・システムと可変ジオメトリー・ターボチャージャーを組み合わせ、最高出力110kW(150馬力)/4,000rpmを発揮し、最大トルクは330Nm(33. そして、上質なディテールと厳選されたマテリアルを惜しみなく採用したインテリアでは、ご希望に応じて10. BMWに期待するスポーティさと快適性のバランスはハイレベル。

Next

新型BMW 2シリーズクーペの試作車が目撃!これまでのBMWと異なるデザインを持ち新世代の旗手なるか

無駄な燃料消費を抑制するエンジン・オート・スタート/ストップ機能や、燃費の良い走りをサポートするECO PROモードに加え、セグメント唯一の高効率な8速スポーツ・オートマチック・トランスミッションを採用。 また多段ATでは何速に入っているのか判然としないこともままあるが、MTでは自分の意思で選んで、ポジションを自覚して走れることがうれしい。 今回、プレミアム・コンパクト・セグメント初の7人乗りMPV「218iグランツアラー」、「218dグランツアラー」、「220iグランツアラー スポーツ」を設定。 スポーティで美しいデザインと圧倒的な運動性能による、新たなプレミアム・コンパクト・モデルのBMW「2シリーズ」。 5L 直列3気筒DOHCエンジン搭載の「218iグランクーペ」、「218iグランクーペ プレイ」、「218iグランクーペ Mスポーツ」、2L 直列4気筒DOHCエンジン搭載の「M235i xDriveグランクーペ」を設定。

Next

BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 “らしさ”はあるか?

価格はトップグレードのM235iこそ600万円台とかなりお高いが、140馬力の1. 日本でも予約受注が開始されている新型BMW2シリーズグランクーペですが、 ボディカラーによっては少しボンネット周りがボテッとしていてグラン「クーペ」っていう割には若干シャープさがってってのが正直あります。 デザイン面でも、メッシュ・デザインのキドニー・グリルや、専用の台形型デュアル・エキゾースト・テールパイプを採用。 *4:0. さらに、1. インテリアには、キャンベラ・ベージュのSensatecレザー・シート(合成皮革)と上質なファインライン・ストリーム・ウッド・インテリア・トリムの専用装備を採用。 「アクティブツアラー」、「グランツアラー」は、それぞれに「ラグジュアリー」と「Mスポーツ」も用意。 7〜 519. *5:掲載のお支払例は、車両本体価格およびメーカーオプション価格(消費税込)に基づき算出。 プレミアム・コンパクト・セグメントにおけるBMW初の4ドア・クーペとなる。

Next