情報 通信 白書 2020。 総務省、令和2年版の「情報通信白書」を公開(ケータイ Watch)

情報通信白書“社会のデジタル化は不可逆”|JCCテレビすべて

リモートワーカーは変化度94%と影響最大。 第7位 不注意による情報漏えい(規則は遵守) 組織や企業において、情報管理体制の不備や情報リテラシー不足等が原因となり、従業員が個人情報や機密情報を漏えいしてしまう事例が2019年も多く見られた。 窃取された情報を悪用されるとクレジットカードの不正利用等の二次被害につながる。 9月中目処に、HTML形式でも掲載予定です。 また、地方独自のニッチな「売り」「強み」「ブランド」が海外からも発見されるようになり、マーケットが成立すること等を踏まえ、このような魅力を一層磨きつつ、新たな連携相手を開拓することにより、更に潜在能力を発揮することが可能。

Next

総務省、令和2年版の「情報通信白書」を公開

なお、リーダーソフトによっては、体裁が崩れたり、一部の内容が表示されない場合があります。 デジタル経済の進化の中での地方のチャンスについて展望する。 [1] 平成12年までは郵政省が「通信に関する現状報告」(通信白書)として公表しました。 文部科学省は10日、2019年度の文部科学白書を公表した。 リーマンショックの後、先進国に共通してGDP成長が停滞しており、ICTの経済成長への効果に懐疑的な「技術悲観論」も出てきている。 新型コロナウイルスの影響で、テレワークなどオンラインを前提とした「新たな生活様式」が定着していくとし、その基盤である高速通信5GやIoTの重要性が増すだろうと予測しています。

Next

総務省の「情報通信白書(2020年度版)」に、N Code Laboが掲載されました

IT基盤の停止は利用している組織の事業の妨げとなり、ビジネスに大きな影響を与えるおそれがある。 第3章 ICT分野の基本データ ・情報通信産業の国内生産額 (2017年、名目) 97. <公表方法及びスケジュール> 1.総務省ホームページへの掲載 令和2年版情報通信白書の全文を、本日、総務省のホームページに掲載しました (PDF形式及びEPUB形式)。 (テレワークにならないかなあ・・) なかなか今ですらテレワークが進んだとはいえ、全面的に・・とは行かないものです。 0が真価を発揮するために我が国において必要となる改革について提示する。 今回の白書では、特集テーマを「5Gが促すデジタル変革と新たな日常の構築」とし、新型コロナウイルス感染症の流行を契機として進みつつあるICTによる新たな生活様式や働き方、オンラインを前提とした企業活動や分散型社会を展望するほか、5Gの登場で移動通信システムが通信基盤から生活基盤、更には産業・社会基盤へと進化する中、様々な産業・分野に及ぼす影響について分析しています。

Next

「AI白書2020」を解説、IPAが示す日本の人工知能導入率が低いワケ |ビジネス+IT

日常生活の中でICT(情報通信技術)を使うことは「新たな時代のスタンダード」であると指摘し、学校教育の情報化を早急に進めることが不可欠だと強調した。 5% ・スマートフォン保有率(個人) (2018年) 64. デジタル・プラットフォーマーはリアルの世界にも進出しており、今後リアルの世界での動向が重要となる可能性がある。 AIの普及が遅れているのは「長年のIT活用軽視」にもあるようだ。 白書は「新型コロナウィルスが感染拡大する中、急速かつ強制的に社会のデジタル化が進んだことで、テレワーク等の対面を前提としない働き方、サービスの在り方等、一部のサービスを除き場所にとらわれない生活・働き方が可能であることが人々の体験として実感された。 スマホ決済の普及や情報銀行のサービス開始などで抵抗感が薄れ、3年前の調査時点から5ポイント低下したが、米独中の各国に比べると高い水準になっている。 「情報セキュリティ10大脅威 2020」は、2019年に発生した社会的に影響が大きかったと考えられる情報セキュリティにおける事案から、IPAが脅威候補を選出し、情報セキュリティ分野の研究者、企業の実務担当者など約140名のメンバーからなる「10大脅威選考会」が脅威候補に対して審議・投票を行い、決定したものです。 学校法人角川ドワンゴ学園が運営する実践的なプログラミング教室「N Code Labo」が、総務省が発行する「情報通信白書 2020年度版 」に取り上げられました。

Next

コロナ禍であらゆる分野がデジタル化…情報通信白書

総務省では、2014年(平成26年)から「2020年に向けた社会全体のICT化推進に関する懇談会 1」を開催し、2020年東京大会に向けて我が国のICT環境をより高度なものにするとともに、2020年東京大会以降の我が国の持続的成長も見据え、社会全体のICT化の推進方策について検討してきた。 日本は3カ国に比べデータ提供自体を「よく分からない、覚えていない」と答えた比率が高かった。 通信機器の設計・製造を行うメーカーがコンピューター分野にも進出するといった形でICT製造産業も発展。 フィッシング詐欺に言及。 さらに、スマートフォンを使った決済サービスも登場し、様々なデバイスからクレジットカードが利用されている。

Next

コロナ禍であらゆる分野がデジタル化…情報通信白書

そうした状況については「冷静な判断がうかがえる」(遠山氏)という見方もある。 防衛白書の内容(文章、図表、写真)の転載を希望される方は、下記までお問合せください。 第5位 ランサムウェアによる被害 ファイルの暗号化や画面ロック等を行うランサムウェアに感染し、PC(サーバー含む)やスマートフォンに保存されているファイルを利用できない状態にされ、復旧と引き換えに金銭を要求される被害が発生している。 IPAは、本資料が、読者自身のセキュリティ対策への理解と、各企業・組織の研修やセキュリティ教育等に活用されることにより、セキュリティ対策の普及の一助となることを期待しています。 第1章 知っておきたい用語や仕組み パソコンやスマートフォン、インターネットを安全に利用するための対策をとる上で、ぜひ知っておきたい用語や仕組み(技術名称やサービス名称)をいくつかピックアップし、それらについての概要やよくある疑問点等を解説しています。

Next

総務省|令和元年版 情報通信白書|2020年に向けた社会全体のICT化推進

第3位 ビジネスメール詐欺による金銭被害 ビジネスメール詐欺(Business E-mail Compromise:BEC)は、海外の取引先や自社の役員等になりすまし、巧妙に細工された偽の電子メールを企業の出納担当者に送り、攻撃者が用意した口座へ送金させる詐欺の手口である。 第2位 フィッシングによる個人情報の詐取 フィッシング詐欺は、金融機関、ショッピングサイト等の実在する有名企業を騙るメールを送信し、偽のウェブサイト(フィッシングサイト)へ誘導することにより、銀行口座情報、クレジットカード情報、ID、パスワード、氏名等の重要な情報を詐取する詐欺である。 「スタートアップ育成の遅れ」も大きな課題 AI導入が進まないもう1つの理由は、「AIソリューションが少ない」ことだ。 (を参照)。 偽警告は利用者の不安につけこむ手口であり、表示されても慌てず冷静に対応する必要がある。 情報通信白書 総務省は、国内の情報通信の現況や政策の動向についてまとめた「情報通信に関する現状報告」(情報通信白書)の令和2年版を公表した。 シリコンバレーにイノベーションを求めて拠点を設置する大企業は少なくないが、成功した事例を聞いたことがない。

Next

新型コロナでデジタル化加速 5G普及を予測―情報通信白書:時事ドットコム

AIを「検討中/関心あり」と回答した企業にAI導入検討における課題を尋ねたところ、「自社内にAIについての理解が不足している」との回答が最も多かった。 その後も類似のスマホ決済サービスは次々と登場し、それらの利用者が増加している。 デジタル経済の中で、ICTの活用による取引先の多様化・商圏の拡大、遠隔地での仕事の受注、機械による人手不足の補完等が可能となっていることは、地方にとってのチャンスとなる。 政府はことしの情報通信白書をまとめ、新型コロナウイルスの影響で急速に進んだ社会のデジタル化は不可逆だとしたうえで、増加するサイバー攻撃などへの適切なセキュリティー対策が欠かせないと指摘している。 4万円 ・我が国のコンテンツ市場の規模 (2017年) 11. 誹謗・中傷やデマの対象となった被害者は、精神的苦痛に苛まれる。 1万件 ・テレビ(リアルタイム)視聴時間 (2018年度、平日1日あたり) 157分 ・インターネット利用時間 (2018年度、平日1日あたり) 112分. 大企業にヒト、モノ、カネが集中しているからだが、大企業に危機感があるのだろうか。 デジタル経済とGDPや格差を巡る議論の状況を整理する。

Next