叔父 と 伯父 の 使い分け。 【図解】伯父・叔父(おじ)、伯母・叔母(おば)の違いはコレ!おじさん・おばさんの正しい使い分け

叔父(おじ)と伯父(おじ)の違いを図で解説!簡単な覚え方もあるよ

叔父の意味 叔父とは 叔父とは、 自分の親よりも年下の兄弟を意味しています。 親等の数え方 親等の数え方は親子関係を一世代移動するごとに1親等と数えることになります。 由来は中国にあり、きょうだいの数が多い、いわゆる大家族と呼ばれる家庭が一般的でありましたが、儒教の影響できょうだい間の年功序列に厳しい側面がありました。 大叔父と大伯父、いとこの場合は? 大叔父と大伯父、いとこといった続柄についてもお話しておこうと思います。 昔の中国では大家族が多く、上下関係が非常にしっかりしていたため、年齢順に序列が決まっていました。

Next

叔父と伯父の違いとは?意味や使い分け方・覚え方を分かりやすく解説

かつて中国では、大家族が多く、家族の中での 偉い順番が、年齢順にきっちり分けていました。 結婚式の席次表で使用する伯父・叔父の肩書き 結婚式の席次表を見ると、親族の肩書きが書かれています。 このほかにも祖父母の養子や祖父母の再婚相手の息子、義理の祖父母の息子も「おじ」となります。 この名づけの習慣が日本にも入ってきて、兄弟の兄には「伯父」を、弟には「叔父」という漢字があてられるようになりました。 直径とは、自分を中心とし、自分の両親や祖父、曽祖父、子供や孫といったような一直線上でつながりのあるものを言います。 伯母(両親の姉)の夫は「伯父さん」• ・最年長 「伯」 ・二番目 「仲」 ・三番目 「叔」 ・最年少 「季」 日本もその流れを汲んで、 この様な漢字を当てたのだといいます。

Next

「伯父(おじ)」と「叔父(おじ)」の違いと使い分けとは?

最も近い関係にある親族の場合は1親等、その次が2親等、以下3親等、4親等というように続いていきます。 母は伯父さんに昔から頼りきりです。 おさらいすると、 お父さん お母さん の兄、姉が、伯父さん、伯母さんで、弟、妹が叔父さん、叔母さんでした。 他にも迷いやすい続柄があるので、それについても紹介します! その他、間違いやすい続柄 普段あまり使うことが無い続柄は、分かりにくいものですよね! ここではおおおじさん、おおおばさん、そして、いとこについて見ていきたいと思います。 叔父と伯父の覚え方のお話をする前に、その由来となるお話をしていきましょう。 失礼にならないよう使い分けはしっかりと 「おじさん」と言葉にするとそんなに気にならない「おじ」と言う言葉ですが、 公な場所で親族の続柄を記す必要がある場合には、「伯叔」の使い分けには気をつけなければなりません。 【小父】他人である年輩の男性をいう語。

Next

「伯父」と「叔父」と「小父」の違い・意味と使い方・使い分け

この言葉がよく使われる場面としては、親戚の集まりなどが挙げられます。 もしご存知でなければ、この機会にそれぞれの違い・使い分け方を知っておきましょう。 それによって使い分ける必要があります。 母の姉妹• そのため、席次表に記載する場合は、「伯叔祖父母」としておくことで、「大おじ」「大おば」の二つの意味を持たせることができ、失礼もなく大変便利です。 またそれ以外にも、下記のとおりの内容もあります。

Next

叔父と伯父の違いとは?意味や使い分け方・覚え方を分かりやすく解説

ドラマや小説で時々耳にすることがあるのではないでしょうか。 母の妹の夫 叔父についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事も是非合わせてご覧ください。 「おば」も「おじ」と同様に「叔母」「伯母」「小母」の3つの漢字が存在していますので、それぞれをご紹介していきます。 古い歴史を持つ家には、血縁関係にかかわらず家督相続の継承などが書かれたものから、生没年や経歴などが書き記されたものもあります。 まれに、自分の両親(義理の両親も含み)だけではなく、自分自身よりも年齢が若いという場合もあります。

Next

叔父と伯父の違いとは?意味や使い分け方・覚え方を分かりやすく解説

おじさまだなんて、少し上品な感じがしますよね。 自分の両親のうち、(伯)という漢字は、年長の男性を尊敬する言葉なのです。 この時、上記の「伯母さん」と「叔母さん」の意味からすると、結婚式の席次順が理解できると思います。 母の兄 叔母 父母より 年下の女性• 「伯父」と「叔父」の意味と配偶者の呼び方 「伯父」は両親の兄 自分の親族のなかで両親の男兄弟のことを「おじさん」と呼びますが、それぞれに当てる漢字が違います。 「伯父」「叔父」の使い分けは、血縁関係のある間柄でのみ考えれば問題ありません。 これには、本人の配偶者のお父さんとお母さんの弟や妹の夫などの義理の関係にも使用される書き方です。 「字」に使われた「伯」と「叔」 その「字」には儒教的な教えで、兄弟の間での上下関係をはっきりさせるために、長男か次男かがわかるように象徴的な漢字が使われるという習慣がありました。

Next