統帥 綱領。 統帥綱領・統帥参考|古本と古書の一括検索・通販ならスーパー源氏

統帥綱領

ということで、どうぞご活用ください。 現在、出版物で手に入れるのはほぼ不可能であろう。 難局を打開するトップの心得を凝縮した一冊。 博覧強記で、平安遷都以後の人々の死没年月、邸宅の変遷、沿革まで暗記していたという。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 当時の様々な経緯が偲ばれます。 戦勝は、将帥が勝利を信ずるに始まり、敗戦は将帥が戦敗を自認するによりて生ず。

Next

【感想・ネタバレ】詳説<統帥綱領> 日本陸軍のバイブルを読むのレビュー

著書『江家次第』『江談抄』『本朝神仙伝』『続本朝往生伝』等。 612ページもあり、軍事研究に興味がなければ、要所を読めばよいと思います。 将帥の決心を準備し、これを実行に移すための事務は幕僚以下の職務にして、将帥は幕僚を信任して、その局に当たらしむるを要す。 これが応仁の乱での消失をまぬがれ、毛利元就の弟にあたる大江元綱、その家臣の秦出羽守武元を経て、秀吉や家康の時代の大江正豊に伝えられたということらしい。 たとえば、「戦勝は将師が勝利を信じるに始まり、敗戦は、将師が戦敗を自認することによりて生ず。 1962年(昭和37)に偕行社の有志の手で「統帥綱領・統帥参考」として復元刊行されたがやがて絶版となった。

Next

Wikizero

しかし、日本にも古典的兵法書がないわけではなかった。 また、指揮官が現に敗北に直面した時、彼が適切な措置を取るチャンスを失わせる危険もあります。 文章博士、大学頭となり、さらに式部大輔、東宮学士、参議を経て、中納言となり、公卿となった。 本書を推薦したのは、私の手元にあるからに他なりません。 古文調が好きな人はこちらで読んでみてください。 それがクラウゼヴィッツの影響かどうかは議論が複雑になりすぎるので止めますが、統帥綱領にはクラウゼヴィッツに共通する堅苦しさを感じるのは確かです。 原作ではD機関に名を連ねている上に、公式サイトでは早々から名前が掲載されているにも関わらず、アニメ1話の集合時には蒲生の姿はなく、機関生達の会話にも 一切登場していない。

Next

Wikizero

本書は、日本陸軍を動かした<統帥綱領>のエッセンスを、現代人に向けて軍事とビジネスの両面からより分かりやすく解説。 この書の名を『闘戦経』という。 もっとも、こういう古文書はどこまで由緒が正しいかわからないのが相場である。 残念ながらこの本も部分的に割愛したり、修正した箇所があるので、完全な資料としては使えません。 しかし再刊されるにあたり「統帥参考」の統帥権・統帥と政治・その他一部は割愛されています。

Next

詳説<統帥綱領>

その示唆するところは、兵書のみならず優れた経営書、人生哲学書としても名高い。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• 『日観集』20巻、『千載佳句』を編集。 「統帥(大軍の指揮)とは方向を示して、後方(補給)を準備することである」「指揮とは、決心を準備し、決心し、決心を実行に移す作業」「先制は部下に対しても必要なり」「敵が決戦の意図を持っている限り、結局、これを避けられるものではない」など、難局を打開するトップの心得を凝縮した珠玉の一冊。 「ここがお前たちの墓場だ」 CV: 概要 柳広司著の小説およびアニメ「」に登場するキャラクター。 今回、読んでみて感じたのは、書かれている多くの場面が具体的に想像できなかった(=内容が理解でき なかった)こと。 敗戦時に軍の最高機密として一切焼却されたと云われる。 7 このまま精神力を延々と述べるのかと思いきや、下記のように組織運営の要諦にも触れています。

Next

Spike's Military Affair Review

その示唆するところは、兵書のみならず優れた経営書、人生哲学書としても名高い。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• クラウゼヴィッツの時代には銃、、槍、刀、大砲などの武器、移動手段は馬しかありませんでした。 敗戦直後にすべての原典が焼き払われた。 さて、この闘戦経は、歴史的価値、いや、それ以上に戦略書としての価値はどれほどのものであろうか。 私にはまだわからない。 というようなものが転がり込んでくれば、広く公開したくなるのが私の性分。 統帥参考書と、統帥の源流も収録されている。

Next

蒲生次郎 (がもうじろう)とは【ピクシブ百科事典】

・買い逃すことがありません!• 統帥参考 [ ] 参謀将校の養成機関である陸軍大学校では当然本書に基づく教育がなされたものの、機密扱いにしたことで、そのまま教示できなかった。 旧日本陸軍については、常に戦況を統帥綱領に合わせて解釈しようとして、逆に失敗した面があるといわれています。 開講三年目頃の「兵法経営塾」では鬼谷子や三十六計とともに日本の闘戦経も教材になり、当時は私家版として出版された「闘戦経」が「兵書抜粋」とともに重要な教科書となった。 甲陽軍艦も兵法を説いたというよりは、武田家の戦略の記録のようなものである。 。 「闘戦経」は大江匡房(1041~1111)著伝で明治初期に研究者により毛利家の書庫より呉の海軍兵学校に伝わった。

Next