時 の 支配 者 テフェリー。 またまたまたマジックザギャザリングの質問です。

禁止制限告知:スタンダードで《荒野の再生》など4種、パイオニアで《真実を覆すもの》など4種が禁止、ヒストリックも2種が使用停止

サイド後は3枚入れた《白金の天使》で勝つことを想定しているため、このプランが通用しないと厳しいかなと思います。 そうなれば当然イキイキとするのはミッドレンジでしょう。 やり込みが板。 とはいえプレインズウォーカーが一般的に広く使うには強いのでアウトの判断はよく考えたい。 《スカークの探鉱者》や《ゴブリンの戦長》で《上流階級のゴブリン、マクサス》が早出しされそうな場合は、全体除去を打って《上流階級のゴブリン、マクサス》が出るターンを少しでも遅らせます。

Next

禁止制限告知:スタンダードで《荒野の再生》など4種、パイオニアで《真実を覆すもの》など4種が禁止、ヒストリックも2種が使用停止

[-3]:あなたがコントロールしていないクリーチャー1体を対象とする。 バントゴロスとは ここからは私が使用したバントゴロスの解説になります。 《厚かましい借り手》本体が殴る展開は少ないです。 仮想敵のティムール再生原野がいなくなりましたが、同時に苦手だった《時を解す者、テフェリー》もいなくなりました。 3 これですよね。

Next

灯争大戦:時を解す者、テフェリー

他にもヨーリオンで飛ばした時も自分のターン終了時、戦場に帰ってきた後で能力が使用できます。 フォイル仕様ショーケース版基本土地 1枚• 余裕があれば自分のを使いまわす用途にも使うことができ、大量のアドバンテージを得られる。 色マナカウントもギリギリ、効果付きの土地も減らしたくないため、《山》と《沼》は不採用になっています。 《空の粉砕》 追加の全体除去です。 ただ、このデッキはマナベースの安定性を重視していて、《山》と《沼》を採用していないため、起動型能力はすぐに使えないことが多いです。

Next

灯争大戦《時を解す者、テフェリー》でエスパーコンの強さがいよいよヤバい

と は一緒にカラデシュに移動したがサヒーリの家に宿泊した。 とはいえ、躱すことは難しいので、どんどん《ケイラメトラの恩恵》を打たせて、フォグとして使っていきます。 Knocked off his feet, Teyo saw the eternal raise its scimitar to strike, but its stroke never fell. 物語上はゲームでいうところ「前作の主人公」といった強キャラ的な立ち位置だろう。 Draw a card. 5パックに1枚の割合で拡張アート枠カードやショーケース版カードが封入されている(基本土地は除き、レアリティは不定)。 これがアリーナ・オープン直前のメタゲームの認識です。 フォイル仕様トークン 1枚 『基本セット2021』コレクター・ブースターパックの中には、最低4枚のレアや神話レアが封入されていて、およそ45%の確率で5枚目も入っている。 本来は全除去が取られているため、ティムール再生原野には腐りますが、《時を解す者、テフェリー》さえいれば、エンド前に《風景の変容》を唱えて、ターンをもらってそのまま勝つことも可能です。

Next

2種のサヒーリコンボがmo5

5回分の脱出コストを確保できるため、《風景の変容》を採用することで、少し使い勝手が向上しています。 It stood frozen, trapped in concentric rings of magical force that shifted and rotated like clockwork. だがその刃が振り下ろされることはなかった。 相手は《神秘の論争》をサイドインして来ることが多いので、《時を解す者、テフェリー》は3マナ以上払える状態で出します。 これまでは《荒野の再生》を止めるためには、《ドビンの拒否権》などを擁する青か、《荒野の再生》を張られても速度で勝るビートダウンを使うかしか選択肢がありませんでした。 後にが隆盛するなど一概に環境を定義し続けたわけではないものの、その存在感が失われたわけではなく、後に至るまでほぼ常に環境の一角を支える存在であり続けている。 ロータスブリーチが天敵だったこのデッキは、禁止改訂の影響を最も大きく受けましたね。 《ムル・ダヤの巫女》については3. あるいは、このセットで彼らの再登場がされるかもしれない。

Next

灯争大戦《時を解す者、テフェリー》でエスパーコンの強さがいよいよヤバい

また《大釜の使い魔》の禁止も影響は大きいですね。 そして『基本セット2021』では、「プレインズウォーカー」が中心になると私たちは見た。 バントカラー以外にもスゥルタイ、ティムールなど別の色も検討可能です。 さらに、白単オーラ側も《執着的探訪》やカウンターをタッチしたアゾリウスオーラという派生系が出てくるなど、目まぐるしくメタゲームが動いてきました。 白単オーラには、常在型能力が《ケイラメトラの恩恵》への妨害となり、オーラを貼られたクリーチャーをバウンスする動きが効果的です。 -3:アーティファクトかクリーチャーかエンチャント、最大1つを対象とし、それをオーナーの手札に戻す。 G1は土地が止まり、《空の粉砕》を打つターンが遅れ、《死者の原野》が誘発する頃には、火力を本体に打ち込まれて削り切られました。

Next

『基本セット2021』コレクター|読み物|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

パワーカードの代名詞、シンプルに強いカードの説明ってすぐに書くことなくなって難しいですね。 それはフェイズ・アウトする。 一応-3能力ですが、実際は1ターンごとに撃てる能力です。 禁止改訂が行われてまだ数日ですが、早速結果を残しているデッキをいくつか掲載しておきましょう。 はい、良いですよ。 そうなればティムールエレメンタルの出番ですね。

Next