男女 共同 参画 社会 に関する 世論 調査。 第3節 女性のライフステージと就業

朝日新聞デジタル:日本人の過半数、「男は外、女は内」を支持

(複数回答、上位3項目) 前回の調査結果と比較してみると、「妻が家庭を守った方が、子供の成長などにとって良いと思うから」(60. 5% 26. 6% 63. 調査企業全体の51. 平成14年調査では,50歳代男女を除く各年齢階級において,また,昭和28~37年生まれの男性を除く各世代において,前後の調査と比べて賛成の割合が少なくなっており,調査時点での経済的・社会的影響を受けていると考えられる。 3% 0. 6% ・どちらかといえば男性の方が優遇されている 52. 3 女性が地域活動のリーダーになるために必要なこと• 都市規模別に見ると、「外部サービスを利用しながら、それ以外は自分と配偶者で半分ずつ分担」と答えた者の割合は中都市で高くなっている。 2%),「ジェンダー(社会的・文化的に形成された性別)」(40. 8% ・どちらかといえば女性の方が優遇されている 2. 9%),女性従業員を対象とした別の調査からもその傾向がうかがわれる()。 2%,「子供ができたら職業をやめ,大きくなったら再び職業をもつ方がよい」と答えた者の割合が26. 8% 48. 1% ・「仕事」と「家庭生活」をともに優先している 21. エ 政治の場における男女の地位の平等感• 2% 41. 0%、「「仕事」と「地域・個人の生活」をともに優先している」と答えた者の割合が3. NEW!• 性別に見ると、「自分と配偶者で半分ずつ分担(外部サービスは利用しない)」、「配偶者の方が自分より多く分担(外部サービスは利用しない)」と答えた者の割合は男性で、「自分の方が配偶者より多く分担(外部サービスは利用しない)」、「外部サービスを利用しながら、それ以外は自分と配偶者で半分ずつ分担」と答えた者の割合は女性で、それぞれ高くなっている。 男女共同参画に関する事項の認知度• 8%、「配偶者の方が自分より多く分担(外部サービスは利用しない)」と答えた者の割合が10. 5% ・どちらかといえば悪くなったと思う 9. 3 JKビジネスから子供が被害に遭うのを防ぐために必要なこと• 札幌市男女共同参画センターの事業の認知度• 4%,「子供ができても,ずっと職業を続ける方がよい」と答えた者の割合が54. 1 各分野の男女の地位の平等感• 平成 28 年 9 月 (参考)平成 24 年 10 月 ・手当の支給や税制上の優遇などで経済的に評価する 78. 1%と高く,以下,「男女共同参画社会」(66. 調査実績: 「女性の活躍推進に関する世論調査」(平成 26 年 8 月) 「男女共同参画社会に関する世論調査」(平成 24 年 10 月、21 年 10 月、19 年 8 月、16 年 11 月、14 年 7 月、12 年 2 月、9 年 9 月) 「男女共同参画に関する世論調査」(平成 7 年 7 月) 「男女平等に関する世論調査」(平成 4 年 11 月) 「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)に関する特別世論調査」(平成 20 年 6 月) 等 (平成 18 年度の調査から、調査対象者に調査主体が「内閣府」であることを提示した上で実施。 (,,) ウ 学校教育の場における男女の地位の平等感 学校教育の場において男女の地位は平等になっていると思うか聞いたところ,「男性の方が優遇されている」とする者の割合が16. 1% ・社会の中で,女性が地域活動のリーダーになることについて,その評価を高めること 39. 3% 2. 5兆円程度(名目GDPの29. 7%)などの順となっている。

Next

男女共同参画に関する市民意識調査/札幌市

1% 11. 3%となっている。 (,,) (3) 女性が増える方がよいと思う職業や役職 職業や役職において今後女性がもっと増える方がよいと思うのはどれか聞いたところ,「国会議員,地方議会議員」を挙げた者の割合が58. 9% ・どちらかといえば男性の方が優遇されている 26. :480KB 集計表(調査結果の一覧表)• 家庭での役割分担の現状・・・・・・・64 問19. 6% キ 自治会やPTAなどの地域活動の場における男女の地位の平等感 問1(7)自治会やPTAなどの地域活動の場については,どうでしょうか。 各分野における男女の地位の平等感• 調査の概要• 7%),「平等」と答えた者の割合が40. 結婚、家庭、離婚に関する考え方• メディアにおける性や暴力の表現・・・・・・・30 問8. 5%),「平等」と答えた者の割合が66. 5% 11. 以上により,一般に,コース別雇用管理制度を導入している企業では,入社時点での女性割合が低いことに加え,入社後10年間の離職率が高かったことが,知識や経験を身につけた女性管理職候補が少ないことの一因となっている可能性が推察される。 7%が同じく中学・高校卒である一方,大学・大学院卒の女性の夫の79. 5% 42. 平成16年度• 6% 8. 2%,「法律や制度の上」で40. 内閣府が2019年1月18日に発表した老後の生活設計と公的年金に関する世論調査の結果から確認していく。 キ 自治会やPTAなどの地域活動の場における男女の地位の平等感• 5%、「「仕事」と「家庭生活」をともに優先している」と答えた者の割合が21. 7%),「平等」と答えた者の割合が47. オ 法律や制度の上での男女の地位の平等感• 家族が介護を必要とするようになった場合の担い手• 0% ・女性の方が優遇されている(小計) 6. 1%となっており,10年前に採用された総合職の女性が既に全員離職している企業は48. 9% ・「家庭生活」と「地域・個人の生活」をともに優先したい 9. 7% 10. 0% ・女性の方が優遇されている(小計) 3. 7% ・どちらかといえば良くなったと思う 19. ・代替費用法スペシャリストアプローチ:家計が行う無償労働を,市場で類似サービスの生産に従事している専門職種の賃金で評価する方法。

Next

「男女共同参画社会に関する世論調査」: 世相

イ 反対とする理由• 3% 0. 家族構成• 3%、「「家庭生活」と「地域・個人の生活」をともに優先したい」と答えた者の割合が10. 世論調査報告書 平成28年9月調査 男女共同参画社会に関する世論調査 お願い 本報告書の内容を引用されたときは,その掲載部分の写しを下記宛に御送付下さい。 性・年齢別に見ると、「賛成」とする者の割合は男性の70歳以上で、「反対」とする者の割合は女性の18~29歳、50歳代、60歳代、男性の30歳代で、それぞれ高くなっている。 2 JKビジネスのような営業への問題意識• 1% 30. 8% 2. イ 職場における男女の地位の平等感• 0%+「女性の方が非常に優遇されている」0. また,有配偶の女性の出産年齢を見ると,27~28歳が第1子出産のピークとなっており,第2子,第3子と出産年齢のピークが遅くなるとともに,出産する女性の数も減少する(第1-特-19b図)。 0% ・どちらかといえば女性の方が優遇されている 10. 平成 28 年 9 月 (参考)平成 24 年 10 月 ・男性の方が優遇されている(小計) 73. その内容によれば調査対象母集団のうち過去1年間に宅配便を受け取った人の1/4強の人が、荷物の半分以上を再配達依頼していたことが分かった。 8%(「どちらかといえば女性の方が優遇されている」5. 6% ・子供や保護者が困った時に相談できる窓口を設けること 54. ドメスティック・バイオレンス(DV)の経験など• 0%(「男性の方が非常に優遇されている」2. また,再就職コースは1割減となっており,両立コースが大きく上昇している。

Next

CiNii 図書

5% 30. 2%(「どちらかといえば女性の方が優遇されている」2. この中からいくつでもあげてください。 各種メディアの性・暴力・固定的な役割分担の描写について• 5%(「男性の方が非常に優遇されている」6. 6% ・保育の施設・サービスや,高齢者や病人の施設や介護サービスを充実する 54. (上位4項目) 平成 28 年 9 月 ・子供のアルバイトについて関心や危険性の認識が低い,保護者,家庭の問題 21. 公的年金以外に私的年金に加入しておいたり、蓄財をしたり、さらには年老いてもこなすことが可能な作業で利益を得られる財産を確保しておくなど、手立てはさまざま。 一方,男性は,男女の地位の平等感と性別役割分担意識との間にはほとんど関連が見られない 17。 また,一般職は,主に定型的業務に従事し,原則転居を伴う転勤がない。 8%,「女性の方が優遇されている」とする者の割合が3. 8% 8. 2% (3)JKビジネスから子供が被害に遭うのを防ぐために必要なこと 問14 あなたは,いわゆるJKビジネスにより,子供が犯罪の被害に遭うのを防止するためには,どのようなことが必要だと思いますか。 0% 0. 9%,「女性の方が優遇されている」とする者の割合が2. 年齢別に見ると、「「仕事」を優先している」と答えた者の割合は18~29歳から50歳代で、「「家庭生活」を優先している」と答えた者の割合は70歳以上で、「「仕事」と「家庭生活」をともに優先している」と答えた者の割合は40歳代、50歳代で、それぞれ高くなっている。

Next

ガベージニュース

8% 2. 9% ・子供の性を売り物にする事業者の問題 11. 8% 42. 16内閣府「男女共同参画社会に関する世論調査」(平成24年10月)を基に,男女共同参画局が独自に行ったプロビット分析に基づく。 (複数回答) (上位4項目) 平成 28 年 9 月 ・夫婦や家族間でのコミュニケーションをよくはかること 59. 4% ・家事・育児・介護と両立しながら,妻が働き続けることは大変だと思うから 45.。 0%+「女性の方が非常に優遇されている」0. 3240人から回答を得た。 働いている理由• 0%と高く、以下、「社会の中で、男性による家事・育児などについても、その評価を高めること」(46. その隣には結婚しても20、30代は6割、と書かれている。 0% 10. このライフプランをどれほどの人が考えているのか、内閣府が2019年1月18日に発表した老後の生活設計と公的年金に関する世論調査の結果から確認していく。

Next

「男女共同参画社会に関する世論調査」: 世相

3% (5) 「仕事」,「家庭生活」,「地域・個人生活」の関わり方 ア 希望優先度 問10(1) 生活の中での,「仕事」,「家庭生活」,地域活動・学習・趣味・付き合いなどの「地域・個人の生活」の優先度についてお伺いします。 子どもに受けさせたい教育・・・・・・・41 問11. それによると法的に婚姻状態にある夫婦が同じ名字 姓 を名乗らねばならない現行の法令制度に関し、現状を維持すべきだとする意見は3割近くいることが分かった。 (、、、) イ 介護 介護についてどのような形で評価することが必要だと思うか聞いたところ、「手当の支給や税制上の優遇などで経済的に評価する」と答えた者の割合が76. 11生涯未婚率は,50歳時の未婚率であり,45~49歳と50~54歳の未婚率の単純平均により算出する。 配偶者就業状況• 性別に見ると、「「家庭生活」を優先したい」、「「仕事」と「家庭生活」と「地域・個人の生活」をともに優先したい」と答えた者の割合は女性で高くなっている。 男女共に近年急速に上昇しており,男性の生涯未婚率は2割を超えている(第1-特-20a図)。 6% ・賛成 8. 3%が一般職から総合職への転換の実績がある一方で,総合職から一般職への転換についても42. 9%)を挙げた者の割合が上昇し、「妻が働いて能力を発揮した方が、個人や社会にとって良いと思うから」(46. 3%)、「夫も妻も働いた方が、多くの収入が得られると思うから」(42. (複数回答) (上位4項目) 平成 28 年 9 月 ・保護者や学校が,子供に対し教育を行うこと 62. 6%),「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)」(42. 性別に見ると,「男性の方が優遇されている」とする者の割合は女性で,「平等」と答えた者の割合は男性で,それぞれ高くなっている。

Next

男女平等参画に関する世論調査|東京都

。 平成 28 年 9 月 (参考)平成 24 年 10 月 ・男性の方が優遇されている(小計) 74. 3% 49. また,無職を基準とした場合,専門・技術職は14. 生活の中での優先順・・・・・・・77 問25. 夫婦が婚姻前の名字を名乗ることを希望していた場合、それぞれ婚姻前の名字 姓 を名乗ってもよいように法律を変えても構わないとする意見は4割強に達している。 8%+「女性の方が非常に優遇されている」0. 7-8-578 1110204043, 平成12年2月調査 361. 男女共同参画社会を目指すために学校教育分野で必要なこと• 6%(「男性の方が非常に優遇されている」15. 4% 4 旧姓使用についての意識について 問15 あなたは,仮に結婚して戸籍上の名字(姓)が変わったとした場合,働くときに旧姓を通称として使用したいと思いますか。 セクシュアル・ハラスメント(性的いやがらせ)の経験など• 8% ・女性は職業をもたない方がよい 3. (有配偶の女性と子ども) 国立社会保障・人口問題研究所「第14回出生動向基本調査」(平成22年)によると,初婚どうし夫婦の20歳代の妻の約7割が子どもを少なくとも1人持っている。 6%、「外部サービスを利用しながら、それ以外は自分の方が配偶者より多く分担」と答えた者の割合が5. 8% ・子供ができたら職業をやめ,大きくなったら再び職業をもつ方がよい 26. 平成 28 年 9 月 (参考)平成 24 年 10 月 ・男性の方が優遇されている(小計) 70. 4%に達している。 「男女平等参画に関する世論調査」結果 平成27年11月5日 生活文化局 この度「男女平等参画に関する世論調査」の結果がまとまりましたので、お知らせします。 セクシュアル・ハラスメント(性的いやがらせ)について• なお,「わからない」と答えた者の割合が14. 4% ・どちらかといえば女性の方が優遇されている 5. 2%(「どちらかといえば女性の方が優遇されている」2. 3%,「結婚するまでは職業をもつ方がよい」と答えた者の割合が4. 都市規模別に見ると、「この役割について経済的・社会的に評価する必要はない」と答えた者の割合は小都市で高くなっている。

Next

男女共同参画社会に関する世論調査

0% ・平等 66. 性・年齢別に見ると,「男性の方が優遇されている」とする者の割合は女性の40歳代から60歳代で,「平等」と答えた者の割合は男性の40歳代から70歳以上で,それぞれ高くなっている。 ア 育児• 共働き 2019年11月01日 マクロミルは、旬な情報や話題のネタについてアンケートを行い、ニュースレター「HoNote通信」として調査結果をお届けしています。 0%となっている。 年代別でみると、 20歳代・・63・0% 30歳代・・59・0% と高く、 40歳代・・47・5% 50歳代・・43・1% 60歳代・・35・8% 70歳代以上22・8% と 若い世代ほど子供を持つことにこだわらない傾向がみられる。 9%は,女性管理職が少ない/全くいない理由として,「現時点では,必要な知識や経験,判断力等を有する女性がいない」ことを挙げている。 5% ・どちらかといえば女性の方が優遇されている 2. 社会全体における男女の地位の平等感• 4%,「家庭生活」で47. 5% ウ 育児・介護以外の家事 問9(3) 「育児・介護以外の家事」についてはどうでしょうか。 この中から1つだけお答えください。

Next