小型 プロジェクター おすすめ。 【2万円以下】自宅で映画館気分を楽しめるおすすめプロジェクター4選! │ シングルLife

プロジェクターの人気おすすめランキング15選【エプソンや小型モデル】

非常に明るく、画質も良いので、映画やドラマ、ミュージックビデオを楽しむのにもおすすめです。 フルHDの高解像度!• そんなときにまず明確したいのは、 小型プロジェクターの主な用途です。 5mの位置にプロジェクターを配置すると画面は100インチほどになります。 持ち運びが多いけど解像度は高いものがいい!というかたにおすすめ。 ルーメンを選ぶ際の具体的な注意点 ルーメンが低いと、暗い場所で使用する場合でも、画面を近づけないとボヤけることもあるので、注意が必要です。 重さはなんと470gとなっており、片手でラクラク持ち運ぶことができます。 9年) コントラスト比 3000:1 重量 1. コントラスト比は、3000:1となっています。

Next

プロジェクターの人気おすすめランキング15選【エプソンや小型モデル】

最大180インチまで投影可能!• 基本的にプロジェクターとスクリーンの間には何も置くことできないからです。 そこで今回は、プロジェクターを購入するにあたって知っておきたい選び方を解説し、あわせてビジネスやホームシアターなどで活用できるおすすめ商品について紹介していきます。 yahoo. 2Wタイプスピーカーを搭載していますが、音源だけ別に繋ぐといった方法を使えば、映像と音声の両方を満足できる水準で楽しめます。 自宅内で持ち運びを考えている• 最大約2. 74型「4K SXRD」と、「データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)」を搭載しており、高精細な映像を自然に表現することを可能にしています。 スペースの限られた部屋はもちろん、小さな会議室や教室でも重宝します。 コントラスト比:4,000:1 ソニー独自の超小型短焦点レンズによって、「スクリーン」や「白い壁面」からわずか約28cmで80インチの大画面投映が可能。

Next

モバイルプロジェクターの人気おすすめランキング20選【2020年最新】

コードレスタイプであることも大切ですが、やはり重さやサイズが大きすぎるものはあまり持ち運びには向いていません。 とりわけ普及が進んだのはここ数年です。 92 Kg 1. 8m 投影サイズ 34-180インチ 入力端子 HDMI、USB、VGA、TF、AV 保証 12ヶ月安心保証 その他 HDMI&AVケーブル、日本語の取扱説明書が付属 1万円以下で購入することができるので、価格重視で選びたい方にもオススメのプロジェクターです。 コンテンツごとに最適化された再生品質で、迫力のあるサウンドを楽しめるサウンドモード機能も魅力です。 映像コンテンツを楽しむのであれば、画面は大きい方が迫力も臨場感もあります。

Next

【2020年】小型でおすすめのモバイルプロジェクター人気7モデル【ミニ】

モバイルプロジェクターのおすすめの選び方1つ目は投影方法をチェックしてみましょう。 『マスク』と呼ばれていて、映像が投影されている場所以外は黒いほうが高画質に見えると言われているため、多くのスクリーンはマスクがついています。 原稿となる投影データの解像度が 対応可能範囲から外れてしまうと画面の端が切れてしまったり、比率がおかしくなったり、最悪表示出来ない可能性も。 世界初のAndroid TV OS搭載!• 2400ルーメンという格安モデルとは思えない明るさがポイントで、170インチまで対応しています。 画面解像度が高いプロジェクターを選んでおけば、コントラスト比がさほど高くなくても満足度は上がりますが、既にフルHD以上の画面解像度があるプロジェクターが増えています。 8m-10m 投影サイズ 53-300インチ 入力端子 — 保証 3年間 その他 — 6500ルーメンという、かなり明るめのプロジェクターです。 By: プロジェクターは映像を映し出すためのパネルによっても分けられます。

Next

モバイルプロジェクターのおすすめ11選【2020年版】

本体のカラーはブラック・ローズゴールドから選べるのでデザイン性を重視した方にもおすすめの商品です。 商品名• 良コスパアイテム! FUNPLAY2• Android端末であればミラーリングも可能なので、スマホからでも手軽に映像の投射ができます。 6畳サイズ 80インチ 8畳サイズ 100インチ 10畳サイズ 120インチ 一般的な作りの部屋であれば、上表のように6畳でも80インチの大画面で映画を楽しむことができます。 98869円 税込• バッテリー容量は6000mAhで、連続使用時間は3時間、スマホなどの充電器としても使えるのが魅力です。 25%ズーム機能を搭載しているため、設置場所を変更せずとも、楽に部屋の投写画面を合わせ、投写画面を縮小できます。

Next

【超小型】モバイルプロジェクターの人気おすすめランキング10

UENO-mono• そもそもモバイルプロジェクターとは? 明るさ(ルーメン) ルーメンは映し出す画像の明るさを示す数値で、高ければ高い程、周りの環境に左右されにくくなります。 HDMI端子の製品が割合的には多いですが、古いパソコンの場合はVGA端子の場合もありますので両方に対応できた方が良いです。 モバイルプロジェクターのデメリット そんな便利なモバイルプロジェクターですが、一方でデメリットも存在します。 機能性などによっても価格は大きく変動しますが、 家庭用レベルで選びたいならだいたい3万円程度までの予算で見ておくと、自分にぴったりなものをその中から選ぶことができるでしょう。 バッテリーの駆動時間• 大画面に投影するからこそ僅かな動きでも飛んで見えやすいので、フレーム補間機能が付いているほど滑らかになります。

Next

【楽天市場】ホームプロジェクター

com 「Anker Nebula Capsule pro」は ユーザーの使い勝手を、しっかりと考慮して設計しているのがうかがえるモデルといえます。 コンパクトサイズなので、書類とともにビジネスバックに入れて持ち運ぶことが可能。 中にはプロジェクターを使っている方もいるのではないでしょうか? かつて、プロジェクターは非常に高価なものでした。 2000ルーメン以上のモデルは、オーバースペックになる可能性もあるとお伝えしましたが、私がレビューを見る限り、 安い製品のルーメンはやや高めの数値となっている印象です。 プロジェクターとしては値段も手ごろなのに関わらず、スペックは充分! 社内でプロジェクターの購入を検討しているのであれば、まずこのモデルをチェックすると良いでしょう。 (別途3Dメガネの購入が必要) コントラスト比も「100,000:1」と大変優秀で、メリハリのある映像を視聴できるのも本モデルの特徴です。

Next