九州 北部 雨雲 レーダー。 九州北部に雨雲が停滞 局地的に激しい雨降り続き災害発生の恐れ

台風9号 九州北部で非常に強い風 暴風や高波 高潮に厳重警戒を

バックビルディング現象とは、ある場所で積乱雲が発生し続け、上空の風に流されて積乱雲が線状に連なり、同じ場所で強い雨を降らせる現象です。 雨雲レーダーの見方・使い方 地図をドラッグして見たい位置に調整して、地図左上の「ー」「+」で縮尺を調整します。 5mmの猛烈な雨を観測し、それぞれ観測史上1位の値を更新しました。 河川としては、菊池川が中心部を流れる。 7日 月 にかけての総雨量が500mmを超えるおそれがありますので、大雨への備えは早めに行う必要があります。 地理 熊本県の北部の内陸部、熊本市から北側へ約30km、福岡市から南南東へ約90kmの場所に位置する。 今後の見通しです。

Next

熊本県山鹿市の雨雲レーダーと各地の天気予報

64~80• 56~64• 16時現在、非常に強い台風9号は、発達しながら東シナ海を北上しています。 住所でYahoo地図検索(地図と雨雲レーダー). 0メートル 午前0時37分 の猛烈な風が吹きました。 災害発生に至るかどうかはまだ不確実性が伴うものの、十分な警戒が必要と考えられます。 Yahoo! 地図(雨雲レーダー) 検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(雨雲レーダー)の住所検索・郵便番号検索が行えます。 気象庁の発表によりますと、大型で非常に強い台風9号は、午前2時には長崎県対馬市の北西70キロの海上を1時間に30キロの速さで北北東へ進んでいるとみられます。 2日 本州付近は大気の状態が不安定. 降水量の見方 雨雲は色によって降水量を表示しています。 地形の影響を受ける九州の太平洋側、前線に近い九州北部で雨雲が発達しやすく、明日5日 土 は雨の強まる所がある見込みです。

Next

台風9号 九州北部で非常に強い風 暴風や高波 高潮に厳重警戒を

山鹿温泉や山鹿灯籠まつりで知られる。 台風10号と太平洋高気圧の間を吹く南東からの風が湿った空気を次々に送り込んできます。 雨雲レーダーは5分間毎に自動更新されます。 2~4• 市北部から北東部の県境付近は九州山地の一角を占めており、北部(旧鹿北町)の福岡県との県境には姫御前岳(596m)、北東部(旧菊鹿町)の福岡県・大分県との県境付近には国見山(1018m)、八方ヶ岳(1052m)といった山々がそびえる。 2メートル、福岡県朝倉市で33. 久米島空港では最大瞬間風速54. 8~12• 16~24• 低地の浸水や河川の増水・氾濫、土砂災害等に警戒してください。 雨が降る時間は暗く迅速な避難は難しい時間帯ですので、自治体の避難情報をこまめに確認し、斜面から遠く高い階で過ごすなど可能な限りの対策を講じてください。

Next

熊本県山鹿市の雨雲レーダーと各地の天気予報

九州北部は1時間に50mmを超える非常に激しい雨のおそれ 5日 土 昼頃の雨の予想 前線に近い福岡から長崎、五島列島にかけては雨雲が発達して激しい雨が降り、局地的には1時間に50mmを超えるような非常に激しい雨の降るおそれがあります。 四国や東海を中心に大雨にも警戒が必要で、3日の朝にかけては、雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。 5メートル 午前3時30分 、那覇市でも44. 外部サイト. 山鹿市(やまがし)は、熊本県の北部に位置する市である。 あす2日 水 からあさって3日 木 にかけて、非常に強い勢力で九州北部に接近するおそれがあります。 道路冠水や中小河川の急な増水などに警戒してください。

Next

台風接近前から九州で雨が強まる 前線付近で雨雲が発達(2020年9月4日)|BIGLOBEニュース

中央部よりやや南寄りにある中心市街地から南部(旧菊鹿町)にかけては盆地となっている。 台風の北上に伴い、九州を中心にあさって3日にかけては、暴風や強風、猛烈なしけや大しけが続くおそれがあります。 1~2• 地形や風向き次第では線状降水帯が発生する可能性もあり、数時間にわたって局地的に激しい雨が降り続けて、災害級の大雨となるおそれもあります。 80~• 台風はまもなく朝鮮半島付近へ進みますが、九州北部の一部は3日の朝にかけて暴風が吹く見込みです。 台風が接近した沖縄県では、暴風が吹き荒れ、猛烈なしけとなり、非常に激しい雨の降った所がありました。 市の北部から北東部にかけて福岡県と接しており、市の東端部ではわずかに大分県と接している。 隣接する自治体・行政区 熊本県 熊本市 北区 菊池市 玉名郡 玉東町 和水町福岡県 八女市大分県 日田市 地名 平成の大合併で合併した地区は、旧町名を大字の前に冠している。

Next

熊本県山鹿市の雨雲レーダーと各地の天気予報

また、カミナリを伴った非常に激しい雨が降り、大雨になる所があるでしょう。 台風9号は今後は次第に進路を東よりにかえて、東シナ海を北上する見込みです。 0mmの猛烈な雨を、佐賀県鳥栖市では1時間に81. 24~32• 中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径220キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。 また、九州南部は湿った風が山にぶつかることで、断続的に強い雨が降り、台風10号が接近、通過していくまで雨が続く予想です。 熊本県山鹿市に関するYouTube動画 熊本県山鹿市に関するYouTube動画を表示します。 気象庁は、暴風や高波、高潮に厳重に警戒するともに、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するよう呼びかけています。

Next

九州北部に雨雲が停滞 局地的に激しい雨降り続き災害発生の恐れ

また、大潮が重なるため、高潮にも引き続き警戒が必要です。 。 12~16• 台風9号は沖縄から離れつつありますが、あす2日 水 にかけて猛烈なしけが続くでしょう。 湿った空気の影響で西日本と東日本の太平洋側には発達した雨雲がかかり、局地的に激しい雨が降っています。 浸水や川の氾濫、土砂災害に警戒 活発な雨雲のもとでは雷を伴って激しい雨が降っていて、福岡県久留米市では1時間に90. 0~1• 40~48• 雨雲のない場所には何も表示されないので、一度倍率を下げて全体像を確認することをおすすめします。 4メートルの最大瞬間風速を観測しました。 広島県内では近年にも、昨年の「平成30年7月豪雨」や2014年の「平成26年8月豪雨(広島土砂災害)」で大きな被害が出ています。

Next

台風9号 九州北部へ接近のおそれ 新たな台風発生で週末に影響か(日直予報士 2020年09月01日)

台風10号の接近はまだですが、雨への警戒が必要です。 佐賀県から福岡県に活発な雨雲が停滞していて、激しい雨が降り続き災害発生の危険性が高まっています。 雨雲レーダーなどで雨雲の動向に注意し、早めに安全な場所へ避難するようにしてください。 台風に近い九州北部では非常に強い風が吹いていて、午前1時前後には長崎県対馬市厳原で46. 4~8• 拡大しすぎると雨雲が表示されなくなります。 地図では雨雲レーダーも見ることができます。 明日の朝も、 ・日本海側に停滞する前線に向かって湿った南風が吹き、豊後水道を抜けた先の広島県と山口県の県境付近の丘陵部で積乱雲が発生 ・上空1500m付近を南西風が吹き、発生した積乱雲をさらに発達させながら北東方向へ運ぶ という点が、「平成26年8月豪雨」に類似しています。 32~40• 48~56• 最新の台風情報をチェックなさってください。

Next