ヒート 対 ロケッツ。 歴代名シリーズ編②ロケッツとサンズが演じた死闘/プレーオフ特別企画23

NBA2019

なお、ロケッツのブラウンはここまでいたロケッツのサードユニットの中では最も良い出来です。 対 MIA 108-117 HOU バトラー不在の穴を埋めきれず、9点差の敗戦となってしまいました。 ca 2018年3月9日. クリス・ポールとハーデンを中心に広くスペーシングした中で違いを生み出して3Pを決めていきます。 前回の対戦では129-100と余裕の勝利を飾ったヒートですが、今回は状況が異なります。 昨季の面影がかけらも残っていないゴールデンステート・ウォリアーズ戦。 76ersは充実したロスターの顔ぶれを揃えているものの中断前のレギュラーシーズンでは不安定な戦いが続いていました。

Next

ヒューストン・ロケッツ

ホワイトサイドは6ゲーム連続で欠場。 」 シンキ「やりましたね。 「(エリーに)ジャンパーを打たせるか、アキームにダンクを許すかのどちらかだった」と振り返ったシェイズ。 415 1972-73 33 49. :1976-1982 M 50• :2012-2014• 500 1回戦勝利 カンファレンス準決勝敗退 ロケッツ 2, 1 4, ロケッツ 0 1980-81 40 42. という訳でドラフトの話をしてもらいたいのですが(笑)」 チャド「そうこなくっちゃ。 チーム名うしろのカッコ内数字はシーズン中断時のカンファレンス順位。

Next

[今日の試合結果]ヒートが逆転勝利、ロケッツ、レイカーズら5チームが3連敗

ロケッツのラッセル・ウェストブルックは、この日の敗戦を要約しました。 それでは後半戦もお願いします。 さらにジェームス・ジョンソンのミスをこれもリチャードソンが押し込みます。 : 2012-2016• 第2戦ではチーム全体で19本の3ポイントシュートを成功させ、4選手が21得点以上を挙げて140得点。 アウェイ連戦の後のホーム試合が今回の試合です。

Next

今季第51戦 対ヒート: キャットのロケッツ通信

585 1回戦勝利 カンファレンス準決勝敗退 ロケッツ 3, 1 4, ロケッツ 0 1996-97 57 25. 」 シンキ「ありがとうございました。 ゲームとは関係ないが、マスコットのクラッチがまたハーフラインからの背面スリーに成功させたよ。 まぁホワイトサイドの場合はロケッツの事情に助けられた面もありました。 ロケッツはハーフコート付近でボールを受け取ったオーリーが、左コーナーにいたエリーへロングパスを通す。 ロケッツはハワードと、6月13日に正式に契約を交わした。 :1998-2004• それでも、KJが称賛したように、このシリーズはロケッツを称えるべきだろう。 「シーディングゲーム(順位決定戦)」参加22チーム 再開に向けた競技フォーマットでは、シーズン中断時の勝率で各カンファレンスの上位8チームずつと、8位チームに6ゲーム差以内の6チームを合わせた計22チームが参加します。

Next

歴代名シリーズ編②ロケッツとサンズが演じた死闘/プレーオフ特別企画23

1回戦でブレイザーズをスウィープで片付け、打倒ロケッツを果たすべく、闘志を燃やしていた。 そのなかでも、注目すべき8試合がにて発表されていましたのでご紹介します。 彼らは僕らに対して、ここまで優位に立っていたけれど、(最後に)僕が決着をつけることができると思っていた」とオラジュワンは当時を振り返っている。 更にの起用も的中するなど、リーグ屈指の攻撃力を展開し、55勝27敗でシーズンを終えた。 ロケッツが息を吹き返し、全クォーターでサンズを上回る得点を奪い、33点差をつけるブロウアウトを見せた。 サンダーの勝利によって負け数でウォーリアーズに並んだロケッツ。 。

Next

歴代名シリーズ編②ロケッツとサンズが演じた死闘/プレーオフ特別企画23

楽しみに待ちましょう。 com. は、マグレディや姚明の欠場が多く、序盤に大きく星を落としプレイオフを逃す結果となった。 笑 若手が多く不安定さも垣間見えるチームの中で抜群の安定感を誇っていただけに痛すぎます。 2018年1月30日の戦に113-102勝利しそこから3月9日にに108-105で敗れるまで17連勝を記録、チーム史上2番目に長い連勝を記録しを抜いてカンファレンス首位に立った。 一回戦でを4勝1敗で退けたが、準決勝で前年敗れたウォリアーズに2勝4敗で敗れた。 得点王獲得経験もあるマグレディと姚明のコンビはリーグでも有数のディオとして期待されたが、2人とも故障が多く、なかなか両者が揃ってコートに並び立つということが少なかった。

Next

ヒューストン・ロケッツ

しかし、カンファレンスファイナルはリーグ最高勝率を残したに1勝4敗と力負けした。 『ESPN』のティム・マクマホン氏によれば、ある情報筋は、ロケッツがその時点でリードしていたために勝利とするか、あるいは第4クォーター残り7分50秒の時点から再試合をすることを期待していると伝えています。 それでも常軌を逸しているようなシューティングをみせるジェラルド・グリーンによって得点を重ねるロケッツ。 213センチのオラジュワンがいたとはいえ、スモールラインナップと言っても過言ではない。 」 チャド「彼よりでかいし、日に日にスキルが上達してるのもポイント高いよ。 それくらいウィザーズ戦の負け方が悔しかったんだろうな。

Next

[今日の試合結果]ヒートが逆転勝利、ロケッツ、レイカーズら5チームが3連敗

2012年7月、で リンサニティ旋風 を巻き起こしたと契約。 しかし、コーナーで待つジョーンズを何度もフリーにするのもハーデン。 レブロン・ジェームズ(34)は21得点、11リバウンド、13アシストで2試合連続のトリプルダブルを達成した。 524 34 32. 約35分プレイしたジェームズハーデンが、44得点を挙げスコアリーダーとなっています。 93年まで3連覇を果たしていたブルズのエース、マイケル・ジョーダン(元ブルズほか)が不在だったとはいえ、連覇したことは称賛に値する。 : 2008-2009• 最終の第7戦までもつれたシリーズをロケッツが勝利し、チーム史上初めての優勝を手にした。

Next