報道 の 自由 度 ランキング。 世界の自由度 国別ランキング・推移

日本は67位!2019年「報道の自由度」ランキング(国境なき記者団)

66位 マラウイ• に りょうちん より• わずか3人の意見ということで、かなり極端なランキングになる可能性があるけれど、それでも「海外からみた日本のマスコミの信頼性」という点でとても参考になる。 6 A 161 11. 62位 ドミニカ共和国• 98位 レバノン• 硬直化したこの地域で順位を上げる国は珍しく、言及に値する。 また、RSFが中国に対する「偏見」のもと「フェイクニュース」を拡散していると批判した。 に かえる より• 9 C 38 40. ジャーナリストを名乗るのであれば、批判に対しては言論で戦うべきであり、スラップ訴訟など裁判を起こす時点で言論人としては負けです。 41位 アメリカ• に 町戸松庵 より• 日本の報道機関が、福島第一原子力発電所事故を、どのように 報道しているのか、報道していないのかを見てみれば分かると いうことです。 117位 カタール• 26 65. 91 40. 0ならNot Freeに分類される。 Cases of threats, intimidation, and harassment of journalists are occasionally reported. に 愛知県東部在住 より• もし仮にそうだとすれば、日本外国特派員協会(FCCJ)を牛耳るフリー記者デービッド・マクニールは既に行方不明になっているでしょう。

Next

世界ランク下がり続ける日本の「報道の自由」 評価方法を知っていますか?

42 58. 見下しているのではありません。 民主党政権時は最高位だったから、同じ国家とは思えない。 。 一方で、毎年の変動はあるものの、アメリカやイギリス、フランスといった先進国は、その時代情勢によって10位代から40位代の中間よりやや上位を推移している。 報道界ではプロのジャーナリストが絶対費用だと言っていますが、勉強不足で浦を取らない、歴史を知らないジャーナリストなど不要だと思います。

Next

報道の自由度、日本66位 「政権批判にSNSで攻撃」:朝日新聞デジタル

49 イギリス 41 25 38 21. 一方、中国で取材活動を試みる外国人記者たちも、さらなる障害に直面している。 に 匿名 より• (2007-2019年)• に 愛知県東部在住 より• に 匿名 より• (RSF). に 愛知県東部在住 より• 確かに昨年、看板キャスターと呼ばれる複数の人々が降板したが、これらは全て、当事者によって圧力が明確に否定されているか、明確な証言が出ていない。 89 48. 4 B 76 31. 「「違法に」」情報を得たら刑事罰を受けるのは当たり前だ、そして本文にも書かれているが、世界で同様の法律が無い国など殆どない、これが報道の自由度に影響するなら世界のほぼすべての国が指摘されるべきだ、この問題で日本の場合だけを問題視してきたのは国内のサヨクと中韓だけであり、この一事だけでこの団体が如何に偏向した公平性のない団体であり、その評価も偏見に満ちている事が分かる これ、安倍政権になってから評価の順位は兎も角評価基準というか評価理由は酷くなっていますね 既に論理性も客観性も全くない、正に国内のマスゴミと同じで自分の感情と自己を絶対正義において他者を批判、特に日本を貶める事に正当性や愉悦を感じている様に見えます まぁマスゴミが喜んで使う権威という時点で推して知るべし。 84位 ペルー• 159位 エジプト• A third of the media are owned by the state or by businessmen linked to the government. に 簿記3級 より• 72 54. ただ、思い返してみれば芸能スキャンダルや大きな事件、ここ最近だとコロナのニュースに時間を割かれていて国会で何を話しているのか、どういった法案が審議されているのか、そういったニュースがかなり少ない時期もあるのは事実だと思います。 49 44. 91 74. 安倍晋三首相が 2012 年に再選を果たして以降、メディア不信の雰囲気があるとジャーナリストたちは訴えている。 50位 コモロ• 実際のところ政権は、海外メディアが入手できる情報を注意深く管理している。 不透明なスコアリング・プロセス だいいち、以前から指摘されてきた問題点ですが、このRSFの「報道の自由度ランキング」、誰がどういう基準で決めているのかがよくわかりません。

Next

「報道の自由度ランキング」177位の中国が「外国人ジャーナリストを歓迎」。 しかし現実は真逆

また、タイムズ紙の特派員リチャード・ロイド・パリーについては侮辱罪で告訴・収監され、涙ながらに自らの非を認め、当局による情状酌量を訴え出ている事態となっているはずです。 に 愛知県東部在住 より• に 心配性のおばさん より• 偽情報も、この地域で深刻な問題になりつつある。 この地域における大国であるロシアとトルコは、独立系メディアの迫害を続けている。 に ちかの より• その理由は……。 「F4. 3 C 57 36. 27位 キプロス• RSFは、ジャーナリズムと情報の自由を保護する国際的な非政府・非営利団体だ。 テレビや新聞だけでは不安です。 いわゆる政権への忖度。

Next

【マスコミが報じない】世界自由度ランキング、日本は96点

透明性(scoreTra):ニュース・情報の制作を左右する組織や手順の透明性 6. セルビア( 90 位、 -14 )では、記者の家が放火される事件があった。 メディアの健全な発展、国民生活への関わりは、世界ランキングを見る限り、やはり国家の民主的発展に大きく関係しているのは間違いない。 70 34. 3 B 144 21. 記事は、アジアでは台湾が1ランク下落の43位、日本が1ランク上昇の66位、中国が横ばいの177位で、韓国は今年も「アジアの最上位を守った」とも伝えている。 報道の自由度ランキングで、 日本は72位だ!! 2015年は61位であったのに、2016年は11ランクダウンという不本意な結果になってしまった。 トップはノルウェー(1位)、フィンランド(2位)などの北欧が占め、昨年48位だった米国は45位だった。 外国人がもし入っても、何の行動も起こせない。

Next

世界報道自由度ランキング、日本は韓国よりも低い72位に大幅後退

に ボーンズ より• に 金 子勝 より• 8 B 90 30. ただ、少なくとも日本において、RSFランキングに社会的意義はありません。 調査報道は、あるテーマや事件に対して、取材する側が主体性と 継続性を持って様々な取材源から情報を積み上げていくことに よって事実を突き止めていこうとする報道です。 一方、独裁政権はメディアの取り締まりを強化している。 1 C 61 36. 日本が残念ながら役人の口はかたいし、英語が堪能ではないので外国人のジャーナリストがいくらやっても情報はとれません。 。 に 心配性のおばさん より• 2019 年のランキングでは、ノルウェーが 3 年連続の 1 位となった。

Next

国境なき記者団による報道の自由度ランキング及び国連特別報告者デビッド・ケイ氏に関する声明

148位 ロシア• 例えばベネズエラ( 148 位、 -5 )では、ジャーナリストが治安部隊による逮捕や暴力の被害を受けている。 36 47. 人権活動家であり、元政治犯でもある文在寅の大統領就任は、この 10 年の暗い状況に新たな空気を吹き込んだ。 ケイ氏はまた、放送法第4条にある「政治的に公平であること」に放送局が違反した場合に、総務大臣の権限で業務停止等の処分が可能であることを問題視しており、このことを高市総務大臣が認めた国会答弁について、「大いに懸念を抱いている」として、「放送法第4条を廃止すべきだ」と述べた。 例えば、日本より1ランク上の71位とされたタンザニアについては、当の国境なき記者団のホームページに以下のように記載されている。 35 45. それによれば、日本の順位は2010年には11位だったが、近年急速に下落し、昨年は61位、今年は調査対象180国中72位で「報道の自由度が急速に悪化している」とのことであるが、当会はこのランキングの信憑性は極めて疑わしいと考える。

Next

世界・報道の不自由度ランキング

その証拠が、「日本よりも上位にある国々」です。 7 B 106 28. 0 D 22 51. 記者クラブ制度の下では、フリーランスや外国人記者への差別が続いている。 トルコのサウジアラビア総領事館内で殺害されたジャマル・カショギ記者の出身国、サウジは順位を三つ下げて172位。 朝鮮中央通信( KCNA )は、国内のその他メディアにとって、唯一許可されたオフィシャルなニュースソースだ。 70位 韓国• 朴が汚職の罪で弾劾、罷免されたことで、ついに勝利した。 トップの東京新聞は「メディアの役割は権力者の意見をオウム返しに繰り返すことではなく、監視し批判することを理解している」といった意見があった。

Next