アルパイン イーグル。 【Chopard】ショパール「アルパイン イーグル」|ショパール ジャパン 株式会社のプレスリリース

CHOPARD “ALPINE EAGLE”

5倍の摩耗耐性を誇る。 で、その辺を考え無しで、どちらかと言うなら、クラシカルなラインのフィフティースックスの方が好みですね。 Chopard 01. こんにちは。 5倍の耐摩耗性。 5点 出典: 一般社団法人 日本時計協会HP 耐磁性は 0. ほとんどの時計は、3時位置にあるため、インデックスが欠けてしまい、左右非対称になってしまいます。 私みたいなオッサンだと、すでに恩恵の枠の外って感じですが、 「今の自分より少しだけ背伸びしたい」と考えている若い人にはうってつけだと思うからです。

Next

鷲は舞い降りた。ショパール「アルパイン イーグル」

また、「ルーセント スティール A223」と名付けられた、極めて丈夫で光を反射する特殊なスティール合金を用い、COSC認定の自社製ムーブメントを搭載しています。 いずれのタイプにも自社製ムーブメントが搭載されている。 ラグジュアリースポーツウォッチというジャンル自体が高い汎用性を持ちます。 「アルパイン イーグル」は、ショパール初のラグジュアリースポーツウォッチ「サンモリッツ」にインスパイアされている。 この特殊スチールを製造するのは、オーストリアの製鉄メーカー、フェストアルピーネ社。 アルパインイーグルの汎用性はとても高いですね。

Next

鷲は舞い降りた。ショパール「アルパイン イーグル」

その証拠に並行輸入も日本ではわずか1本のみ。 これはアルペンスポーツを愛するショパール共同社長が創立メンバーとなる、新しい環境保護団体だ。 しかし、 ショパールへ足を踏み入れると、それなりの数の時計が並んでおり、時計にも力を入れているのだと感じました。 「アルパイン イーグル」の開発時に描かれたイメージスケッチ。 中央のくぼみにはスーパールミノバ グレード X1が塗布される。 丸いベゼルには、15分ごとに2本ずつ、8本のネジが配されている。

Next

ショパールの真価を伝える意欲作「アルパイン イーグル」誕生!

文字盤には鷲の虹彩をモチーフにした精細な仕上げを施し、ケースとのコントラストは、マニュファクチュールでハイジュエラーというショパールらしさを感じさせる。 そして2019年 「アルパインイーグル」と名前を変えて誕生するに至りました。 しかしショパールの思惑は異なる。 ベゼル幅がかなりあるので、むしろダイアルはシュリンクされた見え方をするのではないでしょうか?特に不規則に彫られた放射状の ギョーシェが素晴らしいのひと言です。 当時22歳と若かったカール-フリードリッヒ・ショイフレは、そんな 時計界の変換期を感じ取っていたのではないでしょうか? そして、当時の社長であり父親でもあったカール・ショイフレにステンレススポーツウォッチを作る事を持ちかけます。

Next

CHOPARD “ALPINE EAGLE”

だがこれを越えた先に未来は現れる。 しかしラグジュアリースポーツウォッチという括りでみれば、むしろ上出来な部類だと思います。 不純物の有無によってダイヤモンドの輝度が変わるように、この革新的なスティールは、従来のスティールと比べて、不純物の混合が極めて低く、ゴールドに匹敵する輝きと光度を実現しています。 それに対する答えは、時計メーカーのスウォッチグループがサンモリッツ自治体と現在も有効な合意を有しており、このコレクションに関しては別の方向を目指し、まっさらなスタートを切ることが最善であるとカール-フリードリッヒ・ショイフレが感じたからだ。 飛翔する鷲、「アルパイン イーグル」はまさにその象徴なのだ。 リュウズに施されたコンパスローズのレリーフ。 アレッチブルー文字盤またはダイヤモンドベゼル付きフロスティッドホワイトマザー・オブ・パール文字盤にショパール ルーセント スティール A223を合わせたモデル。

Next

ショパール アルパインイーグル

密かに祖父カールに力を借りていた息子、カール-フリッツの粘り強い説得によって、父であるカール-フリードリッヒは、サンモリッツの刷新化に関心を示すようになりました。 使うシチュエーション、時計の出番なんかも想像してみましょう。 ステンレススティール製、ゴールド製、バイカラー、またはダイヤモンドセットのゴールド製など10種の素材と2 種の文字盤サイズを取り揃える「アルパイン イーグル」は、ひときわバリエーションが豊かなコレクションです。 また41mmモデルでは、ルーセント スティール A223モデルのほか、18金ローズゴールドとのコンビ仕様、そして36mmモデルでは、これに加えてフルゴールド仕様(フルゴールド仕様にはMOP文字盤、ケースやブレスにダイヤモンドがセットされたモデルもある)を含めた三つの素材バリエーションを展開する。 時代が求めた腕時計「ラグスポ」という存在。 298600-3002 — ルーセント スティール A223製、ベルニナグレー文字盤 ¥1,470,000- Ref. ケースのサイズはラージ(41mm)とスモール(36mm)の2タイプがあり、ユニセックスなモデルとして男女ともに楽しめるサイズ設定が特徴となっている。 個人的には41mmバージョンの着け心地が好みだが、私の友人が36mmのモデルを着用している姿は容易に想像できた。

Next