カザフスタン 肺炎。 カザフスタン、「コロナより致死率高い肺炎流行」との中国の警告否定 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

カザフスタンで原因不明の肺炎発生 致死率は新型コロナよりはるかに高い

関連ストーリー: 2020年05月27日 2020年05月19日 2020年04月28日 2020年03月22日. 在カザフスタン中国大使館は7月9日(現地時間)、声明を出し、カザフスタンに住む中国人に対し、新型コロナより致命的な原因不明の肺炎の拡大が深刻だと警告した。 2020年7月10日、北京日報は、カザフスタンで「を超える致死率を持つ謎の肺炎」が流行しているとの報道に対し、中国の専門家が「新型コロナの可能性が高い」との認識を示したと報じた。 大使館のウェブサイトは、地元メディアの報道を引用し、6月中旬以降、この肺炎の症例の大幅な急増を報告していると述べており、 カザフスタン全体で、今年の前半だけで 1772人がこの肺炎により死亡したと伝えている。 カザフスタン政府は、自前の施設であることを強調するが、米国が資金を出しているプログラムには、米国人も参加しているようだ。 6月だけで、628人が死亡した。 死亡した中には中国人も含まれると大使館は述べた。 そして、コレの変異型での対応でも、同じ事しそうだし。

Next

コロナより致死率の高い「正体不明の肺炎」集団発病、カザフスタンを襲う(WoW!Korea)

また、致死率が新型コロナウイルスよりもはるかに高いとしている。 ヒドロキシクロロキンについては、COVID-19に対する有効性を否定する論文がイギリスのランセット誌とアメリカのニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン誌に掲載されている。 これに対してカザフ保健省は翌日、フェイクニュースだとして中国大使館の発言を否定した。 16年• 「この未知の肺炎疾患の死亡率は、新型コロナウイルスよりもはるかに高い。 米ジョンズホプキンス大学によると、これまでに5万3021人が感染し、264人が死亡した。 これまでキューバはアメリカのバイオ攻撃と闘ってきた。 しかし、全世界に感染が拡大されたことで、この数値は全く参考にならなくなったのです。

Next

韓国政府「中国報道の“カザフスタン肺炎”は新型コロナと確認」│韓国政治・外交│wowKora(ワウコリア)

中国大使館は「カザフスタン保健当局がこの肺炎ウイルスについて比較研究しているが、まだ明確に把握していない」とし「感染リスクを低める予防を強化すべき」と現地中国人に注意を促した。 こんなニュースが報じられて緊張感が走っている。 WHOのマイク・ライアン緊急対応チーム長は、WHOとカザフスタン政府との協力には症例画像の検査が含まれており、これらの肺炎が新型コロナウイルスと関連があるのかどうかを確定すると述べている。 「中国にとって資源が豊富なカザフスタンは、一帯一路の重要な拠点です。 施設は非公開で、米国務省が資金を提供し、カザフスタンの研究者の使用は禁止され、内部はほぼすべてのことが秘密とされています。 84 ID:qB8O5brU0. 69 2020年7月9日、人民日報は、カザフスタンで原因不明の肺炎が発生し、中国人を含む多くの死者が出ていると報じた。 48 ID:fc8kgv6f0. そのうち19は全く新しいものでした。

Next

韓国政府「中国報道の“カザフスタン肺炎”は新型コロナと確認」│韓国政治・外交│wowKora(ワウコリア)

そして、現地の衛生当局がこの肺炎を引き起こすウイルスについて研究を進めているものの、 現時点で特定ができていないとし、同大使館が現地滞在中の中国人に注意を呼び掛けていることを伝えた。 死亡率が新型コロナウイルスよりも「はるかに高い」と中国大使館は伝えていますが、カザフスタン当局そのものは、これについて今のところ公式な発表はしていないようです。 カザフスタンにある中国大使館は、6月以来、同国で肺炎の症例が急増していることを報告し、この疫病が致命的な「未知の肺炎」だと警告した。 中国大使館が9日、ウィーチャットの公式アカウントで、現地の中国人向けに出した声明で、カザフスタンにおいて新型コロナとは異なる新型の肺炎が流行していると警告した。 カザフスタンの中国大使館は、同国にいる中国国民に状況を認識し、感染のリスクを下げるために予防策を強化するよう呼びかけている。 2020年7月9日、人民日報は、カザフスタンで原因不明の肺炎が発生し、中国人を含む多くの死者が出ていると報じた。 gif 2020年7月9日、人民日報は、カザフスタンで原因不明の肺炎が発生し、中国人を含む多くの死者が出ていると報じた。

Next

カザフスタンで原因不明の肺炎、致死率は新型コロナよりはるかに高い=中国人も死亡(レコードチャイナ)

net 中国大使館の発表ですか、そうですか っていうか、コロナ初期にロシアと台湾が入国制限したら、日本の法務省が大騒ぎして入国制限を妨害してた官僚って具体的には誰ですか? あれだけ被害あったので、国民には知る権利があると思う。 08年• ただ、ユーラシア大陸には数多くの感染を起こすウイルスが存在します。 早期に発生原因が特定されなけば、カザフスタンを中心に「正体不明の肺炎」が世界に蔓延する危険があります。 中国メディアによると、カザフスタン保健省は、中国の報道を否定しているけれど、情報は、カザフの通信社(Kazinform)が伝えたもので、現在は、そのページは、削除されている。 カザフスタンの初代大統領で現在は同国国家安全会議議長を務めるヌルスルタン・ナザルバエフ氏も感染した。

Next

韓国政府「中国報道の“カザフスタン肺炎”は新型コロナと確認」(WoW!Korea)

報道によりますと、カザフスタンは距離的にロシアや中国、キルギス、ウズベキスタンに近く、ウイルス実験を行うのに理想的な場所です。 大使館側は 「肺炎の致死率が高く、新型コロナより危険だ」 とし 「カザフスタン保健省は肺炎ウイルスに対して 比較研究を進めているが、 まだ原因を究明できていない」 と説明した。 恐れてもどうにもならないのだから」という意見もあった。 世界中で流行する新型コロナウイルスより致死率が高いとしている。 02 ID:2FoBnpdK0. 中国に対し忖度した結果が今のコレじゃ、 頼りになるものなんかないな。

Next

1700人超死亡 カザフスタンで拡大する“肺炎”と中国の思惑|日刊ゲンダイDIGITAL

また、カザフスタンと国境を接する新疆ウイグル自治区に住むネットユーザーから特に憂慮の声が見られる一方で、「恐れても仕方ない。 中国国営新華社通信によると、国際航空便や州境を越える道路交通は認められていない。 15年• カザフスタンで新型コロナウイルスよりも致命的な「未知の肺炎」が流行していると中国大使館が警告 scmp. 実験室は、米国が域内に設ける「ウイルス爆弾」になりかねないとみられています。 呉氏はまた、現地において風邪を含む疾病の患者が増えていることで、医療資源や診断能力がひっ迫し、速やかに診療を行い診断が下せなくなっている可能性も否定できないとの見方も示している。 責任は米国にある』とほのめかしていると考えられます」(浜田和幸氏). 今日(10日)香港のサウスチャイナモーニングポスト(SCMP)によると、 カザフスタン駐在の中国大使館はこの日の声明で 「正体不明の肺炎がカザフスタンを襲っている」 として、 現地居住の自国民を対象に警戒令を発令した。 さらに同大使館は、アティラウ()、アクトベ()、シムケント()の3都市について触れ、これらの地方都市で肺炎が流行し、在留中国人の中にも死者が出ていると主張。

Next