赤 かぶ 検事 奮戦 記。 赤かぶ検事奮戦記(朝日放送JNN設定)

赤かぶ検事奮戦記6|TBSテレビ:月曜名作劇場

シリーズを通して、原作初期の舞台である飛騨高山のみが舞台であるが、近年の原作のレギュラーキャラであるとが登場している(ただし、行天警部補は14-16作までの3作のみの登場)。 候補者不足な感じ。 清水(見知らぬ男から金を渡され死体を掘り出そうとした男) -• 制作 - 、(京都映画撮影所、現・) 放送日程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 視聴率 1 1994年12月17日 飛騨小糸坂の白骨 秘湯から消えた女と高山カラクリ人形の謎 「小糸坂の白骨」 (「被告人、名無しの権兵衛」所収) 篠崎好 杉村六郎 20. 江口洋二(PCソフト会社部長・月沢の娘婿) -• 松田力夫 - 池田勝志• だから信夫が引き継ぐ遺産は、その愛人の子供が相続する事になったのです。 高倉次郎(古川警察署 刑事) -• 主演の旧シリーズにはなかったナレーションにを起用し、乾独特の語り口がドラマを引き立てている。 第3話 1985年11月29日 「自首したキリスト」 「新宿のキリスト」 三條美紀、重田尚彦、柿崎澄子、大竹修造• 中村(ホーム介護の介護士) -• 森田市郎(材木ブローカー) -• 名古屋城南警察署 刑事 -• 吉富京子(公子の母・元ホステス・16年前死亡) -• 深町幸恵 -• 制作:、 話 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 ゲスト 第1話 1980年10月3日 「父は検事、 娘は弁護士」 「疑わしきは罰せよ」所収 「古銭はもの言わぬ証人」 北村篤子 瀬川昌治 、、、、、 第2話 1980年10月10日 「被告人、名無しの権兵衛」 「被告人、名無しの権兵衛」 「疑わしきは罰せよ」 共に表題作 保利吉紀 、、、、、、、 第3話 1980年10月17日 「小糸坂の白骨」 「被告人、名無しの権兵衛」所収 「小糸坂の白骨」 吉田剛 、、、、、、、、 第4話 1980年10月24日 「呪いの紙草履」 「呪いの紙草履」 北村篤子 、、、、、、、、 第5話 1980年10月31日 「うごめく蝸牛(かたつむり)」 「被告人、名無しの権兵衛」所収 「蝸牛庵の遺産」 吉田剛 、、、、 赤かぶ検事奮戦記II [ ] 全13回、1981年11月27日から1982年2月26日まで。 - 劇団東俳 関連項目 [ ]• 福井(暴力団組員) -• 娘・柊葉子役は、赤かぶ検事の相棒となる榊田警部補役は、敵役で敏腕弁護士の法眼正法(ほうがんまさのり)役は。 」 「転勤みやげは死体付き」 いずみ玲 岡屋龍一 栗田よう子、玉城慎太郎、井上ユカリ、西園寺章雄• 三条の愛人 - 西名摩耶• 荒木(レポーター) - 荒木優騎• プロデューサー:奥田哲雄、福永喜夫(朝日放送)、原克子(松竹)• 高見沢綾子(弁護士・の大学の先輩) -• 柊誠二 演 - (第1作・第2作)、(第3作)、(第4作 - 第13作)、(第14作 - 第16作) 茂の次男。

Next

赤かぶ検事奮戦記

千寿の犯行だとは思えない柊は、及川の死に疑問を抱き、推理を深める。 アナウンサー -• 法眼法律事務所 [ ] 法眼正法 演 - (第2作)、(第14作 - 第17作) 弁護士。 露天風呂の女性 -• 西條三恵時代は昨年京都の大学を卒業し司法試験合格を目指しているという設定。 草川正司 -• その後、及川を逮捕した早坂宣和警部補 小木茂光 が刺殺死体となって発見され、高額の保険金の受取人である早坂の妻・千寿 川上麻衣子 に嫌疑がかかる。 柊茂[赤かぶ検事]:• - 劇団東俳(アーカイブ)• 吉沢事務官:• 柊春子:春川ますみ• プロデューサー:大熊邦也、奥田哲雄(朝日放送)、桜井洋三(松竹)• 葉子役はにチェンジ。 山下日出子(真貴子の母) - 第14作「愛と憎しみのダブル誘拐殺人事件 飛騨高山〜ヒスイ海岸を巡る欲望の渦」(2002年)• 最初に台本を読んだとき、柊は相変わらずよく喋るなという印象でした(笑)。

Next

TV/赤かぶ検事奮戦記

脚本 - 、、土屋保文、、、保利吉紀、• 事務員 - 、小野幸一、• 話 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 ゲスト• 実際は夢で女房殺しを立証出来ず、無罪判決で片が付いたことを悔み「この世に必殺仕事人はおらんものか」とぼやいている。 宗太郎には莫大な遺産があり、信夫とその妻、香代子(酒井美紀)が相続することになっていたことで、事件の真相と共に遺産の行方も注目される。 第9話 1986年01月24日 「邪淫の争い」 「蛇淫の精」所収 「骨肉の争い」 篠崎好 児玉進 岡本富士太、絵沢萌子、藍ともこ、浅田祐二、松尾勝人• 喫茶店のママ:(第1話-第3話)• 田辺明(森岡人形店 支配人) -• 音楽:渡辺岳夫• 杉原奈緒美(喜三郎の亡妻の連れ子) -• 金森(金森の妻) -• 他のレギュラーは、テレビスペシャルから起用された小池明検察事務官役のや榊田一平捜査課長役のがそっくりそのまま移行。 出典:テレビドラマデータベース. サエコの連れの男 - 河本忠夫• 舞鶴、宮津、天橋立と目まぐるしく舞台が移り、謎は深まるばかりだった…。 米田 演 - (第8作・第11作 - 第13作) 刑事。

Next

犯人ネタバレ!赤かぶ検事奮戦記サスペンスドラマ月曜名作劇場の結末

大西(「大西・柊法律事務所」弁護士) - 三谷昇 第8作「飛騨白川郷映画ロケ殺人事件 スター夫婦の醜い争いが惨劇を招く!」(1999年)• 寺内弓枝(笛吹事務官の恋人:バスガイド):高野洋子• 半田(刑事) - 沼田爆• 話 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 ゲスト• 長谷部明美 -• 吉富剛造(地元の名士) -• 第6話 1983年02月11日 「賽銭を食う狐と狸」 「疑わしきは罰せよ」 所収 「片眼のジャックを追え」 吉田剛 高峰圭二、石山雄大、水原麻紀、田中綾、山口朱美• 川上登(新潟県警糸魚川警察署 元刑事) - 三角八朗• 今川香代(今川の妻) - 第10作「黒ユリは殺しのメッセージ 飛騨路美女連続殺人 ヒスイ海岸〜糸魚川」(2000年)• 福井(暴力団組員) -• また、森田健作演じる笛吹洞一は原作では萩警察署警部補で、敵役の敏腕弁護士の名前は妙泉憲正(よしずみ のりまさ)。 立花(富山県警魚津警察署 警部補) - 鍋島浩• ステレオ• 相原由紀(ホステス) - 織田なつめ• また、原作初期の幾話かだけ取り入れられた、ではあるが実の娘の葉子との法廷親子対決が毎回のように描かれる。 佐竹(新潟県警糸魚川警察署 刑事) - 荒木優騎• 分身殺人」 「おしゃべり地蔵殺人事件」所収 「分身殺人」 田村多津夫 、、、 第7話 1992年2月17日 「殺人宅配便 検事の娘に危機せまる! 第3話 1980年10月17日 「小糸坂の白骨」 「被告人、名無しの権兵衛」所収 「小糸坂の白骨」 吉田剛 天野新士、杉江廣太郎、西山辰夫、海老江寛、寺下貞信、山口朱美、はりた照久、和久峻三、赤座美代子• 警察医 - 荒木優騎• 第4話 1981年12月18日 「奥飛騨慕情父恋し」 「長崎居留地二十五番館」所収 「ゼンゼノコ・マンマノコ」 石森史郎 石山雄大、市川靖子、今出川西紀、沖田駿一• メインキャスト• 入浴中の父親 -• 司会者 - 池田勝志、宮尻佳子• しかし、原作及びドラマでの初登場時からしばらくは、物語の舞台となる赤かぶ検事の赴任地がであり、二人が同士であることや、必ずしも現在実際に使われている名古屋弁とは異なることから、読者や視聴者が彼らが元々岐阜出身であり、その話し言葉も岐阜県のどこかの独特の方言であると錯覚させることとなった。 丸山安造 -• 第6話では、当時放送されていた『』とコラボし、赤かぶ検事が中村主水に扮して犯罪者を仕置するシーンがある。 岡田警部:•。

Next

犯人ネタバレ!赤かぶ検事奮戦記サスペンスドラマ月曜名作劇場の結末

柊春子:春川ますみ• ことに、原作では何編か名古屋出身のことや名古屋在住時代のエピソードに触れられているのに対し、テレビドラマ版ではシリーズを通して名古屋在住時代のことには滅多に触れられていないのも原因と考えられている。 柊春子:春川ますみ• メインキャスト• 西山靖 演 - (第3作 - 第7作)、(第8作 - 第17作) 刑事。 芹沢翔子(一臣の妻) -• 住職 -• 並木清子(並木の母) -• 泉弥生:• 製作協力:京都映画株式会社• 香代子は夫と離婚しようと考えていたのです。 三宅(松本警察署 刑事) -• エンディングで古い街並みなどをバックに流れるテーマソングは、「赤かぶ検事」というキャラを意識したのか明るめの曲調である(これらの音楽は「新・赤かぶ検事奮戦記」でも使用されている)。 製作協力:京都映画株式会社• 翌日、柊と春子が千寿に会いに行くと、千寿はなぜか冴えない表情で立ち去ってしまう。 丸山昭一(安造と小夜子の息子) -• 出典:テレビドラマデータベース Kuchikomi - クチコミ User Review - ユーザレビュー 情報提供. 3作目は2時間サスペンスドラマのお約束ごと、観光地があるの(現実のには存在せず、隣接するの新宮支部の管轄)に転任し、赤かぶ検事の若かりし頃のエピソードも描かれる。 竜吉(隆子の弟) -• 竹谷貢(ヒスイ探しの名人) - (本人役)• 柊葉子: スタッフ• 法廷では弁護士と対決しつつも、自暴自棄になったり自分勝手な証言をする被告人にたびたび説教する。

Next

新・赤かぶ検事奮戦記11 │ チャンネル銀河

柊春子 演 - 茂の妻。 合掌村の係員 - 内田藍子• 監督:貞永方久、田中徳三、前田陽一、井上梅次• だが、その香織が殺害され、和夫という若い男性が犯行を自供。 エンディングで古い街並みなどをバックに流れるテーマソングは、「赤かぶ検事」というキャラを意識したのか明るめの曲調である(これらの音楽は「新・赤かぶ検事奮戦記」でも使用されている)。 『 新・赤かぶ検事奮戦記』(しん・あかかぶけんじふんせんき)は、からまで、(現:朝日放送テレビ)の制作により、系「」で放送されたシリーズ。 葉子役は引き続き美保純だが、このシリーズでは法廷親子対決はかねてからの信憑性のなさが指摘されて少なくなる。 - 株式会社我聞(アーカイブ)• そして毎回一話完結でテンポよく進んだ。 日比野(検事正) - 勝部演之• 朝市のおばちゃん -• 赤かぶ売り:松井加容子(第1話 - 第4話)• 赤かぶ検事の相棒は二人となり、本多泉検察事務官役のと水野鉄太郎刑事役のが凸凹コンビのライバルを演じる。

Next

赤かぶ検事奮戦記(朝日放送JNN設定)

早川宣和(名古屋城南警察署 刑事課長・が名古屋時代に家族ぐるみで付き合っていた男) -• 第6話 1985年12月27日 「破戒尼殺し」 「アリバイは両刃の剣」所収 「破戒尼」 篠崎好 山根成之 佐藤仁哉、榎本ちえ子、江崎和代、西山辰夫• これは原作のほうの「赤かぶ検事シリーズ」初期における一話あたりの長さが中編というスタイルなため功を奏したと言えよう。 その葉子役に。 石上研次(歯科医) - 第7作「氷見線雨晴海岸から消えた女 カタツムリが見た「飛騨の旧家」9億円遺産相続殺人」(1998年)• 柊茂[赤かぶ検事]:フランキー堺• 第1話 1983年01月07日 「赤かぶ 萩へ転勤す」 「赤かぶ検事転勤す」 吉田剛 田中徳三 本阿弥周子、芝本正、細川純一• 赤かぶ検事は下関市の下関支部と兼任で通常は同支部にいる。 柊茂[赤かぶ検事]:フランキー堺• 音楽 - (第1作 - )、(第3作 - )、三協新社(第1作・第2作)• カラオケパブ店主 -• 野川(刑事) -• 第6話 1992年02月10日 「必殺!? 第4話 1992年01月27日 「容疑者は赤かぶ検事夫人」 「容疑者は赤かぶ検事夫人」 上岡一美 賀田裕子、石山雄大、吉本真由美、下元年世、ホープ・ユタカ• 夫を立てつつも、上手い名古屋弁で言うべきことはしっかりと言う。 笹浦輝子(笹浦の妻) -• 笛吹事務官:森田健作• HD 制作年 2000年 制作国 日本 言語 日本語 ジャンル 国内サスペンス 総話数 全17話 出演者 橋爪功、高田万由子、渋谷琴乃、内藤武敏、根岸季衣、藤田弓子、石川伸一郎、谷村昌彦、土倉有貴、秋野太作 ほか スタッフ 原作:和久峻三• 登場」 「おしゃべり地蔵殺人事件」所収 「深紅の薔薇は殺しのサイン」 鴨井達比古 日高武治 、、、 第2話 1992年1月13日 「証人はアイドル」 「黒ゆりは殺しのメッセージ」 、、 第3話 1992年1月20日 「殺人現場ナマ録音」 「八月十五夜の殺人」所収 「死のひそむ家」 田村多津夫 貞永方久 、、 第4話 1992年1月27日 「容疑者は赤かぶ検事夫人」 「容疑者は赤かぶ検事夫人」 上岡一美 、、、、 第5話 1992年2月3日 「美人霊媒師が死を招く」 「おしゃべり地蔵殺人事件」所収 「夢占い入門」 牧野繁 奥村正彦 、、、 第6話 1992年2月10日 「必殺!? 柊春子:• そして、テンポ良く繰り出される名古屋弁のやり取りが微笑ましい柊の妻・春子役は宮崎美子が演じる。

Next

新・赤かぶ検事奮戦記2 呪いの紙草履

民話を語る老婆 - (第1作・第3作) ゲスト [ ] 第1作「飛騨小糸坂の白骨 秘湯から消えた女と高山カラクリ人形の謎」(1994年)• 防犯係官 - 加藤正記• 早川由紀夫(検察官) - 山内としお• 音楽については新規制作分もあるもののによる旧シリーズの音楽も使われており、冒頭に流れるテーマソングも一貫して旧シリーズのものである。 製作協力:京都映画株式会社• 裁判長:永田光男• 葉子が警察の不当なおとり捜査があったことを主張し、柊が窮地に立たされていると、突然、及川が腹を押さえて倒れた。 吉富剛造(地元の名士) -• 神崎(小川温泉元湯「ホテルおがわ」仲居頭) - 川崎あかね• 津川明子(吉富の娘) -• 飛騨の赤かぶ漬が大好物で、それが朝食に出なければ生きた心地がしないほど。 キャスト 柊家 演 - 高山支部の検事。 篠田光(弁護士) -• 柊検事の補佐役。

Next