ユベントス 韓国。 C・ロナウド欠場騒動、韓国側怒り収まらず…「厚顔無恥」とユベントスに謝罪要求

ユベントスSNSの“投稿ミス”を韓国紙が痛烈非難「心に大きな傷を負った」

このようなことは全世界で一度もなかった」と返答したとしている。 それとともに「交渉期間中、ユベントスのマネージャーは、 このようなスケジュールの変化により生じる可能性がある潜在的な危険性について話し続けた」とした。 欧州クラブはアジアでのプロモーションを活発化させようと、プレシーズン遠征の一環としてこういった試合を行っている。 結論は、自分たちに非はないということ。 300件のビュー• 筋肉の状態が良くないという監督の説明とは異なり、映像の中の彼は、体の状態に大きな問題がないように見える。

Next

韓国のC・ロナウド訴訟騒ぎへの反応。イタリアでは「W杯の誤審を忘れない」。(2/4)

しかも中には病気の子の為に遥々ソウルから来たとか、娘が憧れるロナウドに会うため、お金を惜しんでチケットをゲットしたという人もいたそうですよ。 むしろ、こんなスケジュール的にきついのに試合してくれたよな。 ユベントスに圧力をかけるためJEEP車不買運動をしましょう。 完璧に落ち度だよな。 通常40分でも、世界的なプロチームが移動するのだ。

Next

C・ロナウド欠場騒動、韓国側怒り収まらず…「厚顔無恥」とユベントスに謝罪要求

Kリーグはただちにユベントスに抗議文を発送した模様。 「2002年を忘れるものか」 17年前の夏以来、「韓国」と聞いて日韓ワールドカップを思い出さないイタリア人はいない。 ユベントスは「夏ツアー期間最前列の席の97%が埋まった」とし「今回のアジアツアーは珍しい成功だった」と自評した。 897 月~金:午前10時~午後8時、土:午前10時~午後2時 固定電話からの最大料金は1分1. 私たちのチームバスは2時間も道路に閉じ込められた。 あのときの無念と悔しさは忘れようがない。 に たろうちゃん より 人気の記事〔1日〕• すると、81分にはマンジュキッチからのパスを受けたM・ペレイラが相手 DF のスライディングを交わし、相手 GK の動きを見極めて冷静に流し込み、ユベントスが同点に追い付く。

Next

韓国リーグがユベントスの対応を「詐欺」と批判、ロナウド欠場騒動で 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

ユベントスは「関係者からホテルからスタジアムまで 通常40分ほどかかると聞いた。 アネリー副会長は試合開始1時間ほどの遅れも当時の状況のせいにして、ユベントスは間違っていないと言い訳した。 新しいユヴェントス公式アプリは、現在すべてのストアでダウンロードが可能です。 21日(日)からの6日間で3試合ですから、試合を追うごとにコンディションが低下することは止むを得ないことです。 29日にマドリードに飛び『マルカ』紙の表彰を受けたC・ロナウドが「CL制覇に足りないものはない」と新シーズンへの抱負を語れば、8月に入ってDF J・カンセロとDFダニーロ(マンチェスター・C)とのトレード交渉が過熱する、といった按配で息つく暇もない。

Next

韓国リーグがユベントスの対応を「詐欺」と批判、ロナウド欠場騒動で 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

500件のビュー• その後、キックオフは1時間遅らされた。 その辺の体調管理はトッププレイヤーにとっては凄く大事なことだ。 露骨に韓国のファンを無視している。 100件のビュー• 韓国紙『スポーツソウル』は30日、ユベントスが公式SNSで、Kリーグ選抜戦の試合会場を間違っていたことを指摘。 運営側の不備を指摘 「警察の先導はなく、バスは2時間近く立ち往生した」 さらにアニェッリ会長は、「スタジアムへの道では警察の先導はなく、交通渋滞が非常に激しく、バスは2時間近く立ち往生した。

Next

【試合展開】 2019/20 プレシーズン・マッチ Kリーグ選抜対ユベントス

ワールドチャンピオンであるブッフォンをはじめ(中略)国家代表選手たち、そしてバロンドール受賞であり、 副会長のパベル・ネドベドまで(ファンミーティングに)参加した」と恩着せがましかった。 JEEPがメインスポンサーをキャンセルするまでブランドに被害を与えます。 「韓国サッカーファンたちを不快な思いにさせている」と非難した。 127,661件のビュー• 多くのサッカーファンたちに正確な情報を提供する必要があるのにもかかわらず、公式チャンネルでミスを犯したことは残念だ」と批判。 心に大きな傷を負ったようなもの」と激しく非難している。 同試合においては、契約に「C・ロナウドの出場規定が盛り込まれていた」ことから、欠場は契約不履行になるのではないかと議論を呼んでいる。 59,900件のビュー• 過剰反応にも程があります。

Next